« Homeostasis | トップページ | 芽をぴょこんと出す草のように »

2007/03/10

生気論の歴史と理論

Lecture Records

米本昌平 × 茂木健一郎

『生気論の歴史と理論』

池袋 ジュンク堂書店
2007年3月9日(金)

音声ファイル(MP3, 70.7MB, 77分)

amazon

3月 10, 2007 at 11:49 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55852/14210579

この記事へのトラックバック一覧です: 生気論の歴史と理論:

» ワンパターンかも・・・?! トラックバック Little Tree
今週は、特に身の回りのことを中心にして ポツポツながら、毎日続けてブログに何かしら書いていましたね〜!! [続きを読む]

受信: 2007/03/16 7:44:54

» 今日は百貨店の・・・・ トラックバック ゆうな的ブログ?
研修に行ってきました。5時間もある~って最初は思ってたんだけど、内容がぎっしりで... [続きを読む]

受信: 2007/03/20 10:32:26

» 明るい兆し? トラックバック 徒然なるままに…
今日の帰りの電車の中で、大好きな歴史の本を読んで帰った。先日同じように歴史の本を読んで帰った際には、読み進むことはできたものの、本の内容が頭の中にまったく入ってこなかった悲惨な状況に比べたら、今日はすこぶる調子が良かった。ちなみに読んでいたのは、新人物往来社の「下野・宇都宮一族」という本。俺は何気にこの新人物往来社の○○一族シリーズの大ファンだからな…。はぁ~新人物往来社とかに就職できねーかな。by Seesaaショッピング江戸・明治・大正・昭和・現行記念貨幣額(4..¥江戸...... [続きを読む]

受信: 2007/03/28 23:19:24

コメント

茂木さんの意見に賛成です。
人間は動物であると常々思う。
ホメオスターシス・・。
常時 人間が意図せずとも
行なわれていることだと感じる。

昨今、問題のうつ病もある意味
脳が情報過多の時代に
外界からの情報を遮断する状態なのではと。
うつって脳の機能不全。
心不全、肝不全のように
本来、生物が特有の機能不全に陥ったとき
機能を休止して回復を待つという
ホメオスターシスと同様なんだと思う。

うつ病って異常のように取り扱われるけど
風邪とか肺炎とかと同等、
日常にあっていいことなんだと感じる。
ただ 対処の仕方を知らないこと
熱とかなんかの症状のように値として認知されないことが
誰にも判ってもらえないという
孤独感と挫折感に襲われ境地に追い込まれるのだと痛感する。
特に 成果主義、頑張り評価の現代では。

茂木さん、なにか対策はありませんか?

投稿: hi | 2007/03/11 17:18:37

           原型に刻み込まれた

               絶対

         秩序ある 【意味】 の発生

               目的

 

     @生半可ですが、楽しく拝聴させて戴きました。

投稿: 一光 | 2007/03/11 7:09:50

「須磨寺ものがたり」です
間違って南場さんの記事を削除してしまいました。
ご迷惑掛けました。
再アップします。

投稿: morien | 2007/03/10 14:46:31

コメントを書く





絵文字を挿入