« Little Britain | トップページ | ニーチェを一粒 »

2007/02/10

イギリス風コメディの

新しい試みをやってみようと思ったけれども、
日本では時期尚早のようなので、
とりあえずやめる。

自己批評の精神を「見かけ上のやさしさ」
を標榜する風土に忍び込ませのは至難のわざなり。

Little BritainのDVDの日本語版の発売が待ち望まれる。

よい勉強になりました。

2月 10, 2007 at 12:21 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス風コメディの:

コメント

見たいような 見たくないような

   渦は、自然に起きるもの @@@ ですね。

     Best 善い時期に見たいです。 - 天の刻 -

投稿: | 2007/02/11 6:40:20

「忍び込ませのは」

投稿: リベル | 2007/02/11 1:55:46

茂木さんお忙しい中にも又新しい面白い事始めたんだぁ!
って関心してたのですが、しばし中止するんですね。残念です。
送られてたコメントも読みました。
「そういう風にしか、だけにしか取れないのか・・・。
頭固いなぁ」と思いました。
別にそんな事言ってるんじゃないのに。

サラリーマン川柳はそれなりに面白いけど、
あればっかりじゃ、つまらなすぎる・・・。
皆、もっと捻りの入ったブラックユーモアを望んでると思うのですが・・・。

Little Britain DVDの日本語訳も気になるなり。

投稿: | 2007/02/11 1:17:43

ありえそうな風刺をおかしく拝見しましたのに、残念です。
茂木さんの試みが、いつか実現しますことを祈念いたします!

投稿: | 2007/02/10 22:06:50

どうして?
「読み人知らず」僕は好きだな

投稿: | 2007/02/10 14:01:50

日本では~日本では~っていう表現は嫌いです。
まとめないでほしい。

一瞬で消えた幻の蝶のだったのでしょうか。今回の試み。

奇跡の瞬間に立ち会えたのか!?イエーィ。

投稿: | 2007/02/10 12:40:00

先に書いた私のコメントは、ちょっと言い過ぎかもしれません、言い過ぎでしたら、なにとぞお許しくださいませ。

誤解や無理解にいちいち対応するのは本当に徒労なんですよね。
そんなものにかかわるよりは、自分のやりたいこと、やるべきことを
貫徹しぬくのがよいですものね。

投稿: 銀鏡反応 | 2007/02/10 12:30:22

コメントを書く