« ジャングルの中に密かに咲くランの花のように | トップページ | Okinawa »

2007/02/24

(本日)竹内薫 × 茂木健一郎 

朝日カルチャーセンター講座

対談 竹内薫 × 茂木健一郎

「境界人、現代日本を科学する」

朝日カルチャーセンター新宿
2007年2月24日(土)15:30~17:30

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0701koza/A0102_html/A010202.html

2月 24, 2007 at 02:07 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (本日)竹内薫 × 茂木健一郎 :

» 賢い叱られ方 トラックバック 仕事のマナーと職場のルール大全
どんなに気を使っていても、 最初のうちは自分でも気付かないうちにいろいろと ミスや失敗をしてしまうものです。 そういうとき、上司や先輩から叱られることがあっても 自分を育ててくれる愛のムチ、教育だと思って 謙虚に受け止めましょう。 叱られ方にも賢い方法があります。 ① 素直にわびること とにかく、まず  「申し訳ありません」 ...... [続きを読む]

受信: 2007/03/07 0:07:34

コメント

日記前後いたします。

一度発言したらケロリとしました。
叱られた気分でもあるのは
私にも心あたりがあるからですが。

なにやら楽になりました。
簡単に前言撤回で「自由発言」させていただきます。
むしろ単純過ぎですみません。


ところで対談中、日本のアニミズムの話が出ましたね。

日本中をくまなく歩いている父と
私の知る限り最もカンの良い友達とが
「日本の神性は全て”鎮魂”」と言っています。

父が言うには日本のアニミズムは
八百の神の「敬い」ではなく「鎮魂」であって、
これが唯一の教義。

「鎮魂」=「波風がたたない状態」であり
だから日本は良いも悪いも波がたつことを嫌い
社会の凪を保とうとするのだと。

何よりも凄いのはそれを教義と誰も自覚してないから
日本は決して変化しない。
更に日本は世界唯一のアニミズム先進国だから
外国がおかしいというのも当然で
宗教の違う彼らに理解できるわけがない。

父の日本のアニミズム論は結構気に入ってまして
まあ、もしかすると本の受け売りかもしれません。

たれかニーチェの様に
「八百の神は死んだ」と言うかしらん。

今自分で書きながらヒヤリとした感じ。
おそらくニーチェを当時読んだ人が
感じたものと同じ感覚なのでしょうね。

先生のおっしゃっていた沖縄の孤島の
積み重ねられた石。
おそらくはアニミズム。

自分自身
恋人
友人
家族
自然
社会
人生

生死も含めてどれか
鎮魂なのではないかしらん。

投稿: 手の平サイズの獅子 | 2007/02/27 22:09:36

もうちょっと弱っていらっしゃるお姿を期待していたのですが(うそ)、
そこらのヒトよりずっとお元気そうだったので安心しました。
やはり「愛の人」なんですね。。。多情という意味ではなく(笑)!
お話を聞いていたら、お二人の楽しげなやりとりに
煙に巻かれたようになってしまったのですが、たぶん
あとからジワジワと効いてくるのではないかと思います。
病み上がりの茂木さんから元気をいただきました。
ありがとうございました。ふふふ。

投稿: まり | 2007/02/24 23:06:20

コメントを書く