« 『やわらか脳』増刷 | トップページ | だから、酒場でうつらうつら »

2006/12/09

『ひらめき脳』16刷

新潮新書 『ひらめき脳』は、増刷(16刷、累計84000部)
となりました。

ご愛読に感謝いたします。


12月 9, 2006 at 12:03 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ひらめき脳』16刷:

» 世界的なもったいないキャンペンに逆行 トラックバック IRIMALL's Satellite at cocolog
(地球の贈り物に対する農林省、農協の愚策と税金無駄遣いと身勝手でおかしな補助金制 [続きを読む]

受信: 2006/12/09 21:25:58

» 『ひらめき脳』 茂木健一郎 (新潮新書) トラックバック 不二草紙 本日のおススメ
 この本は以前一度読んでいるのですが、ちょっと「ひらめき」があったので再読。  まず最初に申しておきますが、こうした「ひらめき」こそ、茂木さんの語る「アハ!体験」であり、ドーパミン出まくりの快感であり、人生を充実させる重要なファクターである... [続きを読む]

受信: 2006/12/11 13:27:58

コメント

 もう何回も「ひらめき脳」繰り返し拝読しております。
私のような者にも理解しやすく書かれてあり、本当に素晴らしい「作品」です☆

 私の「ひらめき」のパターンはどうも夜と朝のはざまの時間帯の半覚醒睡眠時のようです。
ひらめいて目が覚めると、散歩に出たくなり行きます。
 この時間は不思議な気配とか、なにかが切りかわる時間のような気がして、私にとってとても心地の良い時間帯です。この時間帯にひらめくと脳が喜ぶのか、よてもスッキリします。

 脳がジャングルって、最高ですね!!
目を閉じて脳がジャングルだとイメージすると探検したくなります。

投稿: sae | 2006/12/13 6:53:06

コメントを書く