« 1/137.03599911 | トップページ | (本日)東京芸術大学 美術解剖学 江村哲二 »

2006/12/04

生命力を引き出す沐浴

ヨミウリ・ウィークリー
2006年12月17日号
(2006年12月4日発売)
茂木健一郎 脳から始まる 第32回

生命力を引き出す沐浴

抜粋 

 シンガポールで乗り換え、目的地であるコルカタに向かう機内で、中学校の時のY先生のことを思いだしていた。
 Y先生は、英語を担当していた。夏休み明けの教室で、「実は、インドに行って来たんだよね」と言った。「いや、女の人がみんなきれいでねえ」と、インドの土産話でその授業は終わった。何だか随分遠くを見る眼をしているなあ、と思ったら、それからしばらくしてY先生は学校を辞めてしまった。


全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/


12月 4, 2006 at 08:55 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命力を引き出す沐浴:

» 印度で「あの人」も考えた。 トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
@今回の茂木博士の印度出張は、博士の心に何か深淵なものを刻印したように少なくとも私には思われる。 @研究発表や旅行などで時折日本を留守にし、世界各国を訪れる機会の多い、名うての旅男である茂木さんでも、意外や印度は今回初めて訪れた土地だったそうで、今回心脳問題のシンポジウムの為に訪れた印度南部コルカタ(カルカッタ)の地に茂木さんが降り立った刹那、白っ茶けた土埃と共に人いきれや極彩色やスパイシーな香辛料の芳香などいろいろのものが混じりに混じった“洪水”が彼に向かって“大挙して”襲いかかり、彼は危うくその... [続きを読む]

受信: 2006/12/04 18:56:44

コメント

急に中学校時代にタイムスリップしてしましました。
Yティーチャーは面白い先生でしたね。

昨日明るいお母様とお会いしました。
また春日部に帰ってくることを楽しみにしています。

プロフェッショナルで見るもぎぶーはだんだんダンディーになっていく気がする。おにぎり茂木ブー、身体に気を付けてがんばって!

同級生より

投稿: もりいずみ | 2006/12/05 0:20:56

うっ,,全文を読まねば!

投稿: ちょし | 2006/12/04 11:05:47

コメントを書く