« 森村泰昌 東京芸術大学 講義 | トップページ | 『クオリア入門』4刷 »

2006/11/15

ひるがえり ひっくり返って かけて行く

 取材の最後に、
「なにか俳句を書いてください」
と言われてこまった。

 とっさに、「ひるがえる」という
イメージが浮かんだので、
それを追った。

 応募するとプレゼントになるそうである。


 ひるがえり ひっくり返って かけて行く

 つまりは、自画像であり、
自分の人生はこのカエルのようなものだと
思っている。

 昨日芸大の授業の後で
学生たちと上野公園で飲んでいると、
 NHKのありきち(有吉伸人チーフプロデューサー)
から電話があった。
 
 「もしもし茂木ですけれど」
という声を聞いたとたんに、
 「ああ、茂木さん、だいぶ声が良くなりましたね」
と言って、二言三言で切れた。

 ありきちは、探りを入れてきたのである。

 先週声をつぶして御迷惑をおかけした。
 その声も、かなり良くなって、
そうだ、今は「かけて行く」のだ。

 いやあ、諸君、声が出るというのが
こんなにうれしいことであるとはねえ。

 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録。
 ゲストでいらしたのは、ユニセフの
タジキスタン事務所で働く
 杢尾雪絵さん。

 すみきち(住吉美紀さん)が泣いた。
ぼろぼろ泣いた。
 第二のVTRの後の、杢尾さんの
話にうゎーっと泣いた。

 ハンカチをちょっと目に当てる、
なんてものではなかった。

 雪解け水のようにあふれ出た。

 収録後、すみきちが、ありきちに
「有吉さん、プロにあるまじきふるまいをして
すみませんでした」
と言った。
ありきちが、
 「いやあ、人間が、本当にはげしく泣くところを、
久しぶりに見たねえ」
と言った。

 「それにしても、あの時の茂木さんは、
男というものがあのような状況に置かれた時に、
どうしたら良いかわからない、という
いい感じが出ていたねえ」
とありきち。

 杢尾さんとすみきちの濃密な世界の
横で、たたずむしかなかった。

 杢尾さんのお仕事は、子どもたちを
助けることである。
 戦争や政情不安などで国のかたちが
壊れると、
 まっさきに犠牲になるのが弱い立場の子どもたち。

 コソボ紛争、そしてタジキスタン。

 「戦争を起こす人間の後始末をやらされている
わけですが、彼らに責任を取らせようとは
思いませんか」
 「いや、戦争を起こすような人間に、そもそも
後始末などできないと思います」

 杢尾さんの現状認識はリアルで暖かい。
そして、杢尾さんは愛に基づいて行動しているのだ。

 口先だけ勇ましい男たちは信用できない。後始末
などする気がないからだ。いざとなったら
真っ先に逃亡する。

 本当に身を投じる意味のある戦場は、
貧困との闘い、虐待の防止、啓蒙活動、
より良き人間性への接近。

 ミサイルがどうしたこうした
などと言っているうちは、
 自我の肥大した子どもの成熟した大人への
なり損ないに過ぎない。

 国家とか、地球とか、
 そんなに大きなスケールでなくても、
生きているとへんなやつ、いやなやつに
出くわすけれども、
 そんなやつらに生命の歓びを台無しに
されてたまるか。
 こちとら、
ひるがえり ひっくり返って かけて行く。

 そして、時には、春の日だまりのなかで、
ぬくぬくとのびのび背伸びをしたいなあ。

11月 15, 2006 at 07:49 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひるがえり ひっくり返って かけて行く:

コメント

住吉さんが号泣されたとき、私も男ですが思わず泣いてしまいました。
素晴らしい感性の持ち主の女性だといつも思ってこの番組を見ています!毎週会津からエールを送ってます!がんばれ!

投稿: mountainkazu | 2006/11/30 22:45:36

初めまして。
杢尾さんとは、友達です。先日プロフェッショナルに出ると知らせが届き、仰天しました。
彼女はたまーに帰国しても、あまり仕事の話はせず、馬鹿ばなしばかり。なので今回の放映で彼女の仕事の内容を知ることが出来るのが、大変に楽しみです。
昔から彼女の便りには、必ずBlue Sky Alwaysと書かれていました。仲間うちでも人気者です。それに、私が日本でどん底の時も、忙しいのにタジキスタンから助けの手を差し伸べてくれました。いつでもどこでも、優しさと青い空は変わらないってことですね。
30日のプロフェッショナルを見て、私はクスッと笑ってしまうかも知れませんが、番組とても楽しみしております。

投稿: ナチョス | 2006/11/18 1:31:46

ほな、さいなら~

くらいの、軽やかさで素敵だと思います。
かえる君。

毅然と、そして軽やかに。

一枚も二枚も三枚も四枚も・・・・上手でござんすな。茂木博士。

投稿: 平太 | 2006/11/17 20:12:12

それにしても.「プロフェッショナル,,,」は
縁起が良いですね.ありきちさんにすみきちさん,,
吉が多いこと
茂木さんもこの際改名してはいかがですか?
茂吉健一郎,,,ゴロも良い

ひるがえる,,,の色紙,
これって記憶スケッチですよね,
さすが,東京芸大の教壇に立たれる方,,,
恐るべし,茂吉健一郎
科学者にして,画伯の称号までおもちとは.

偽善事業(失礼しました)にはあまり興味が持てない
ワタクシですが, 
すみきちさんの号泣を拝見したく思っております,
 茂吉さんのリアクションも,,,
「迷宮美術館」のファンでも有ることを
すみきちさんにお伝え下さると幸いです.
とある作家の方とのシナリオのない対談も
楽しく拝見しました.

投稿: choshi choshie | 2006/11/16 11:41:09

戦争の犠牲者を救い、復興に尽力する人の言葉は重く、また、暖かい。そのような人達の、愛の一字に貫かれた行動こそが、度重なる戦争で望みを失いかけた人々の魂に希望と生命の歓喜(エラン・ヴィタール)をもたらす。

戦争は絶対悪であり、人間の際限なき欲望の魔性が引き起こす蛮行であり、全ての生きとし生けるものたちの、生きる喜びを奪い、生そのものを踏みにじる。そして全てを破壊し、地獄の荒野に変えてしまう。

「口先だけ勇ましい男達は信用できない。後始末などする気がないからだ。いざとなったら、真っ先に逃亡する」…正にその通りだ。戦争を引き起こす主な存在はこういう「口先だけ勇ましい男」であり、また、真っ先に戦場を放り出して一目散に逃げるのも、こういうやつらなのだ。

生きる喜びを奪うのは、戦争だけでなく、いま問題になっているいじめも、そうだ。いじめは戦争と通底する、極悪の所業である。

だからある人物は言った、「いじめをするほうが100%、いな1000%悪いのだ」と。被害者を救いたかったら、主義主張をのべるより、こう言ってあげた方が、被害者を救うことが出来る筈だ。

いじめの当事者たちとその親、学校の教師、教育委員会の人間たちは口先だけは、耳障りの好いことを言っているが、いざとなれば、いじめの被害者を置き去りにして、結局はその被害者を自殺に追い込んでいるんじゃないのか。彼等は口を揃えていじめの被害者たちにいう、「いじめられる側に問題があるんだよ」と。私にはこれは、おのれの非道な悪行を政党化する為の常套句としかおもえない。斯くいう私も、いじめの被害者なのだ。

これこそ、まさに、戦争の後始末をしないで真っ先に戦場から逃げ出す男たちと同類ではないか。

「本当に身を投じる意味のある戦場とは、貧困との戦い、虐待の防止、啓蒙運動、よりよき人間性への接近」…そういうところへ身を投じるのは、志のある女性なのだ。生命の喜びと愛しみを知っている女性が、戦争の後始末をしているのだ。
「自我の肥大した子供(ガキ)の、成熟した大人のなりそこない」が引き起こす戦争の悲劇。そして、
「事勿れ主義に頭の先から脚の先までずっぽり浸かった無責任主義者」たちが引き起こすいじめ。

どちらも、生きる喜び、そして生命自体を破壊する「極悪」の所業である。

何処の世界にも遍在する、こういう「極悪」の所業を繰り返す、フラワーピッグのいう「へんなやつ、いやなやつ」の持つ魔性とは、私達は徹頭徹尾、非暴力で戦っていくしかない。

実はこういう魔性はだれの中にもある。少なくとも私自身は、この魔性を乗り越えて「へんなやつ、いやなやつ」の一人にならぬよう、心してこの生を生き抜くつもりである。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/11/15 18:38:24

すてきな色紙ですね。 なんの取材だったんでしょう。。
応募したいです。

>杢尾さんの現状認識はリアルで暖かい。
 そして、杢尾さんは愛に基づいて行動しているのだ。

本当に身を投じる意味のある戦場。
そこに生きる杢尾さんはきっと、
ふだんも周囲の人たちにとても寛大で、心優しい人なのだろうと思います。

人のあらばかり目に付いたり、ただ闇雲に怒ってばかりの人。。
そんな人と対峙すると、ものすごく疲弊してしまうし、とても悲しくなります。
のべつまくなし義憤しているような人を見たりすると、この人にはほんとうに怒るべき場所が見えないんじゃないかと思うときがあります。

口先だけ勇ましい人、わけのわからないことを言う人たち。
わたしも信用できない。

生命の喜びを台無しにされたくない。。

 ひるがえり、ひっくり返って、かけていく。

そういう場面に出くわしたら、先生のまねをして、
こちとら、で、かけて行こうとこれからは思います。

すてきなことば、ありがとうございました。 


投稿: M | 2006/11/15 14:48:01

★茂木先生★
喉の調子、回復されたようで
なによりです。

私の 微力ながらも…という想いを 自分なりに実行している
事の1つとして
時々ですがユニセフに募金を送金しています。

そして、ユニセフからくるギフトカタログは
セレクトも良く この時期の掲載は
クリスマスプレゼントに良い素敵なものが沢山載っています。
定価の 約50パーセントは ユニセフの活動費に役立てられて
いるとのことですし お勧めです♪

投稿: ROSE | 2006/11/15 10:44:02

コメントを書く