« 笑みを浮かべているような | トップページ | (本日)プロフェッショナル 番外編 »

2006/11/18

やわらか脳ー茂木健一郎 「クオリア日記」

クオリア日記が本になりました。
2004年、2005年のクオリア日記から、
テーマ別に編集、加筆をしました。

『やわらか脳』ー茂木健一郎 「クオリア日記」ー
徳間書店

アマゾン


11月 18, 2006 at 09:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やわらか脳ー茂木健一郎 「クオリア日記」:

» 茂木先生『やわらか脳』(「クオリア日記」) トラックバック 御林守河村家を守る会
茂木先生の「クオリア日記」より転載しました。 (私はさっそく購入しました) やわらか脳ー茂木健一郎 「クオリア日記」 クオリア日記が本になりました。 2004年、2005年のクオリア日記から、 テーマ別に編集、加筆をしました。 『やわらか脳』ー茂木健一郎�... [続きを読む]

受信: 2006/11/18 11:59:42

» 『やわらか脳』『わが悲しき娼婦たちの思い出』 トラックバック その日を摘め
茂木健一郎さんの『やわらか脳』(徳間書店)を徹夜で一気に読んだ。 彼のブログ「ク... [続きを読む]

受信: 2006/11/20 10:08:28

» 『やわらか脳』『わが悲しき娼婦たちの思い出』 トラックバック その日を摘め
茂木健一郎さんの『やわらか脳』(徳間書店)を徹夜で一気に読んだ。 彼のブログ「ク... [続きを読む]

受信: 2006/11/20 10:14:26

コメント

まえがきと、気になる章をひとつ拝読しました。
先生のネットワークにお邪魔していろいろ読みはじめ、しばらくして少し気掛かりなことができたのですが、
それが143頁で解決しました。

きこ書房のアハ体験も、ゲーム版できないわたしにはありがたいです。
芸術家のことなど、お話もおもしろくて。。 少しずつ楽しもうと思います。

とくに載せる必要のないコメントと思いましたが、
Mailを差し上げるのは気がひけるのでこちらに書きました。
日にちの離れたコメントでお手間かかるかとも思いますので、そのときは省いてくださいませ。

投稿: M | 2006/11/30 6:44:40

出版おめでとうございます。いわゆるブログ本ですけど、よくこの日記を拝見させていただきまして、内容が多種多様に分かれていますので、
充実した本になるだろうと思われます(普段この日記を読んでいる人々はゲラ刷りを読んでいる事になるのかな?)

ふと私は思い付きました。私の愛読書には梅田さん、松岡さん、養老さん、森村さん、竹内さんなどありますが、彼らと直に茂木さんは
対談、鼎談されているわけです。
勿論、茂木さんの潜在的吸収力が莫大なので日々ブログに内容を
記載されているのでしょう。
でも著書を読むだけと実際本人にお会いになってお話をされるのでは
大きな距離、隔たりがあるのは当然。
かなり茂木さんの環境を羨ましく感じています。

投稿: フジキセキ | 2006/11/19 10:59:45

おめでとうございます。とても楽しみです

今までは、ひとりのファンとしてこちらの日記を見せていただいてた訳で、日記の読者という気はしていなかったのですが今度からは、
完全に読者のひとりになるなあ。

いつも、ちゃっかり、いえいえ、ご親切、丁寧にアマゾンにいけるようにしていただいて、それがいつもうれしく、そして笑ってしまいます。

投稿: 平太 | 2006/11/18 9:34:59

コメントを書く