« インド | トップページ | 人生は「ある」ではなく、「なる」 »

2006/11/19

総合的な教養が生み出すノーベル賞

ヨミウリ・ウィークリー
2006年12月3日号
(2006年11月20日発売)
茂木健一郎 脳から始まる 第31回

総合的な教養が生み出すノーベル賞

抜粋

 しかし、理論物理の天才を育成するためには「鉄は熱いうちに打て」を実行するのが良いかというと、事はそんなに単純ではなさそうだ。幼少期から数理系の専門的な訓練をするいわゆる「英才教育」を行った事例が知られているが、若くして大学に進むなどの成果はあるものの、その後伸び悩んでしまうことが多い。なぜ、英才教育による「早熟の天才少年・天才少女」はその後才能を伸ばせないことが多いのか、湯川博士の生涯にこの疑問に対する答えのヒントが隠されているように思う。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/


11月 19, 2006 at 11:10 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総合的な教養が生み出すノーベル賞:

コメント

コメントを書く