« (予告)東京芸術大学 美術解剖学 石川賢治 | トップページ | 「お前、寒くないのか?」 »

2006/10/15

TはタンゴのT

アトランタに到着。
なぜか、税関のあとまた荷物検査があり、
サウス・ターミナルの4番で
再び受け取れと荷物を取り上げられた。

地下鉄でターミナルをE、D、C、・・・と移動する。
最後がTerminal T、

BはブラボーのB、
(B as in Bravo)
TはタンゴのT
(T as in Tango)
とアナウンスが流れる。

Buckheadに行ってくれと言ったら、
「週末にBuckheadに行くのは大変だぜ」
とドライバーが言った。
電話で話し始めたが、何語かわからない。

今回来たのはSociety for Neuroscience annual
meetingのためである。
学生たちや、田谷文彦、張キさんは、
すでに先にアトランタ入りしている。

高速道路から、Coca Colaというロゴの
入ったビルが見えた。

10月 15, 2006 at 05:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TはタンゴのT:

» 水曜日に、手術します。 トラックバック 御林守河村家を守る会
いよいよ、18日水曜日に手術です。 これまで、eコミの皆さまには大変お世話になりました。 再開の時期は未定ですが、しばらくブログをお休みにさせていただきたく存じます。 また、脳科学者の茂木健一郎先生から、 拙著『蒼天のクオリア』『冑佛伝説』の序文をいただ... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 7:26:17

コメント

よく国や都市名で言うのは聞きますが、「タンゴのT」と言うとは何だかアメリカらしい感じで楽しいですね~!う~ん、ダンス・舞台系の言葉でアルファベットのそれぞれを考えていくと、「ApplauseのA」、「ブラボーのB」、「cha-chaのC」、「ダンスのD」、・・思ったより結構続くみたい! 踊りたくなっちゃいました♪

投稿: | 2006/10/15 14:18:29

無事到着されたのですね。

9.11以来、アメリカでは空港の税関のチェックが厳しくなってるからね。茂木先生もさっそく、やられたわけだ。

それにしても、メトロでターミナルを移動するさい、「B is bravo」とか
「T is Tango」なんて、アナウンスが流れる所なんか、おもろいというか、変わっているなぁ…。

これって日本語でいえば、「あはあんこのあ」ってアナウンスするようなものですね。

でも日本じゃこんなことまずしないですものね。

「次は麻布十番~、麻布十番~、お出口は左側です」っていいますものね。

早速Coca Colaのロゴとご対面か。アトランタという所はCoke発祥の地ですから、町を歩けばあちこちにCokeのロゴやら看板やらが沢山ある筈です。

神経科学(Neuroscience)の為のミーティングが、現地であるんですね。ミーティングの合間に、アメリカ南部のからりとした独特の空気に触れられる茂木さんたちが羨ましいな。

ミーティングの時に飲み物として、Cokeが出るのかな?違うだろうなァ…、

失礼しましたm(_)m

投稿: 銀鏡反応 | 2006/10/15 8:32:06

コメントを書く