« いつ、どこにいても孤独に | トップページ | キュウリを二本、それにビール »

2006/10/25

うまく揺すればソートされて

 朝、たまっていたメールへの返事を
書き始めた。
 ものすごいスピードでとにかく書き続けて、
はっと気付いたら、3時間半経っていた。

 「茂木さん、メールの返事くれない」
とか
 「忘れているでしょ」などと言われるが、
この有り様である。
 もうしわけない。

 三宅美博研究室の高野弘二君の
博士論文の予備審査を、別日程で
やった。
 ソニーコンピュータサイエンス研究所に
来ていただいた。
 論文内容には問題なし。
 終了後、研究室の何人かと、
五反田の「チェゴヤ」で食事する。

 高野の顔を見ていると、ヒゲが濃い。
 しかも、髪の毛の生え際のパターンと、
ヒゲの生え際のパターンが、「上下対称」
である。

 「お前、ひっくりかえしても同じだなあ!」
 私は感嘆して叫んだ。

 高野くんとは、学位審査などで何回か
会っているが、
 youtubeの話をしたのがきっかけで、
おやっと思った。
 
 「お前、いい感じでオタクなんだなあ!」
 
 私は叫んでばかりいる。

 とにかく考える時間を確保するのが
必死の闘いである。
 歩くのが一番良い。
 精神の空き地をつくり、そこから様々な
植物が生えて怪しい花を咲かせるのを待つ。

 心脳問題を解くか、あるいは見通しを
つけなければ
 わが生涯は悔いが残るなり。

 しかし、心脳問題という「チェス」は、
きわめて複雑で、盤面を見渡すことも難しく、
今が序盤なのか、あるいは一手詰めなのか、
無意識の嵐に耳をすませてもなかなか
わからない。

 ここのところの忙しさ、というか
ものごとの立て込みかたは、
 一段と密度が増したようであり、
 瓶にびっしりと詰まったジェリービーンズの
よう。

 大きい粒と小さい粒が入った瓶を揺すると、
大きい粒が上にくる。
 ミックスナッツで試してみるとよい。

 この現象の根本的原因がまだわかって
いないのだとうことが、西成活裕さんの
『渋滞学』(新潮選書)に書いてある。

 私の人生という瓶も、
どうしてそうなるか判らないにせよ、
うまく揺すればソートされて
 重要なイッシューが上の方に来るかしらん。

 昨日の日記に書いた「昆虫脳」の
本は何かとお問い合わせを受けた。
 水波誠さんの『昆虫ー驚異の微小脳』
(中公新書)である。

 多くの昆虫たちにとって、そろそろ朽ち果てるか、
冬眠に入るべき季節となった。

 それでも、人間たちの脳髄は、木枯らしの
季節がすぐそこに来ても
 ますます赤々と熱を発している。

10月 25, 2006 at 05:30 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまく揺すればソートされて:

» 静岡がんセンター トラックバック 御林守河村家を守る会
病室の窓からは富士山が見え、駿河湾も一望される絶景の地に、静岡がんセンターは建っています。 それはトーマス・マンの『魔の山』を想わせます。 決め手となる治療法が見出せぬ癌患者たちにとって、ここは美しい安らぎの城です。 この病棟で行きかうひとはみな、癌を�... [続きを読む]

受信: 2006/10/25 7:30:30

» ウィンダム・ヒル写真集「PEACE」 トラックバック Little Tree
今朝の早い時間に、グレーの雲がどこかに消え去って、一気にきれいな気持ちの良い空色が広がってきました。 いつのまにか、雲の上に鮮やかなオレンジ色の太陽が、ぽっかりと浮かんでいます。 けれど、秋の夕暮れは、つるべ落としと言われるそのままに みるみるうちに、半分まで雲に入ってしまい、あっという間に見えなくなってしまいました。 その後、一時してから、南西の空の濃い目のところと屋根のならんだ辺りの間の グ... [続きを読む]

受信: 2006/10/26 19:25:18

» 今週読み終えた本 トラックバック へなChoこ
昆虫―驚異の微小脳 (中公新書) 水波 誠 火曜日に読み終えた。 [続きを読む]

受信: 2007/10/06 10:04:41

コメント

ますます熱くていいね。
のりにのってます。
勢いにのってる人をみていると気持ちいい。

投稿: | 2006/10/26 6:07:12

DVD既にございました‥。疎くてがっくり‥。年末の賞与でも調整し、拝聴いたしたく存じます。恐れ入ります。

投稿: sakura-shi-shi | 2006/10/26 0:10:25

密度が詰まった人生という壜も、うまくゆすればソートされて、重要なイッシューが上のほうに来るかしらん、とこのエントリーでは言われているが、1度、その中身を半分ほどぶちまけて、ある程度スカスカにすれば、重要な事項だけが残ったりして。

実は現在(本日PM18:35)、身体の節々が痛み出して、おまけに如何にもこうにも両方の二の腕のあたりが熱い。かろうじてこうして文字を打てる程度だ。立ち上がると多少ふらふらします。

茂木先生、あんまりスケジュールが過密になりすぎると、健康に障ります。ここはひとつ、一人でもよいのでマネージャーを御雇いになったら、如何でしょうか。

何もかもお一人でこなされるのは、最早限界だと思うので、有能な時間管理のできる人をマネージャーとして雇用するべきであります。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/10/25 18:40:33

茂木さんの今朝のブログを読んでみて、インターネットを人類が手に入れてから最も足りなくなったのは時間だなとつくづく痛感しています!

テキストも音声、動画もあふれかえり、それを書き込めるHDDも映画評論家でも生涯事足りるほど発達しましたもの。

僕もインターネットのヘビーユーザーなので茂木さんがYOUTUBEのユーザーだと妙に親近感がわきます(笑)

心脳問題を茂木さんは難しいチェスに喩えていますけど、ディープブルー(ジュニア)が世界チャンピオンを凌駕しています。
もしかしたらそれは将棋か囲碁のプロにコンピュータが勝つくらい難しいことかもしれません。

投稿: | 2006/10/25 7:30:48

コメントを書く