« 「なにかがある」という引っかかりの感覚 | トップページ | あまり完成しすぎたものはダメなんだな。 »

2006/10/28

東京都現代美術館

に向かって移動中。

箱根の山奥で合宿があった。
新幹線で戻り、レインボーブリッジを渡った。

すてきな晴天。
こんな日は、どんなに忙しくても
気は晴れ晴れとしている。

人間の感情に影響を与える
天候の偉大さよ。

10月 28, 2006 at 02:34 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都現代美術館:

コメント

本当にきょうは雲こそ多けれども、お天道と青空が拝めて、気温も外歩きするのに丁度良い暖かさでありました。風も丁度良い程度に涼しくて、さわやかだったなぁ。

如何なる思いを抱いていても、晴天というのは、気持ちを晴らしてくれる天よりの滋養の薬なのにちがいあるまい。

茂木先生の今朝の日記に更新がなかったので、如何したものか?しかし、何かあったらもう万人のほとんど知る存在となったフラワーピッグのことだ。TVやラジオ、ネットのニュースで大いに流れる筈だと、銀鏡子は思い直して不安をかき消そうとするのだが、この更新をうちに着いて見るまでは、胸に穴が開いた状態の如き漠然たる不安が常に我がココロの中心に鳴門の渦潮のようにぐるぐる渦巻いていた。というわけで、我が場合、折角の蒼天を見ても、ココロがすっきり晴れ晴れ!というわけには行かなかったのでアリマス。どうかお許しを。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/10/28 18:54:09

先日はイベントラッシュの中、私の投稿をアップしていただきありがとうございました。

私は茂木さんの著作を数冊読ませてもらい、常に何かある事象と他の事象との結びつきを模索されているように感じられました。
いわゆる神経細胞同士のシナプスの結びつきを改変されていくのを
楽しみにされているのかな?とも思いました。

今月の日記に茂木さんは活字中毒と記されていますけど、何となく
想像はついていました。
莫大なアウトプットがあって初めてインプットが流れるように出てきますし、様々な本を読むことによっていろんな視点、角度から物事を
見つめられますから。

それから茂木さんの新書の裏表紙に茂木さんが野口英世の髪型を真似た
写真、ナイスでしたよ(笑)

投稿: フジキセキ | 2006/10/28 16:50:34

 更新されている~!勝手に今日は休みだと、思っていたのですが。
健ちゃん、う・れ・し・い~っ!

 和製007(共通点は忙しさだけ…というのは、失礼よね…)、
ケンイチロウ・モギは、箱根の山奥で合宿だったか~。さすがに和風…
と思ったら、レインボーブリッジも渡る。
 なぜ箱根の山奥からレインボーブリッジ?…そーゆースケジュール
だから、そう言うことなのねん…。

 太陽のもと、ケンイチロウ・モギは、今日も(だいぶ過ぎたけど…)行く!

 あ~、そうなのです、そうなのです。もうすぐ雪にうもれると思うと、
気が重いんです。
 ちょっと楽しみでもある、雪の不思議。でも、雪の結晶が、手のひらの上で
目に見えるのは、最高にすてきなんだ!

投稿: 龍神 | 2006/10/28 16:41:46

コメントを書く