« (本日)読売新聞 読書週間特集 | トップページ | (本日)理化学研究所 講演会 »

2006/10/26

プロフェッショナル 仕事の流儀 横井昭裕

プロフェッショナル 仕事の流儀 第30回

ヒットの秘密は“トゲ”にあり
〜玩具 企画開発・横井昭裕〜

10年前、社会現象を引き起こし、合計4千万個を売り上げた「たまご型ゲーム」。高齢者を熱狂させた、「すねる」ぬいぐるみ。競争の激しいおもちゃ業界で、ヒットを連打する企画会社の社長であり、現役企画マン、横井昭裕。横井は、ヒットする企画は「トゲのある企画」だと言う。トゲとは、引っかかり、違和感、意外性…。トゲのある企画とは、どうやって生み出すのか。「たまご型ゲーム」という時代を象徴する商品はどうやって誕生したのか。更に、この夏、横井が挑んだ、おもちゃ業界史上かつてない大きな挑戦に密着。ヒット企画マン・横井の仕事の極意に迫る。

NHK総合
2006年10月26日(木)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

10月 26, 2006 at 07:31 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 横井昭裕:

» 「プロフェッショナル」は市場が決める。 トラックバック 崖っぷちなオイラが覗いたビジネスフロント最前線・・・元コンビニ店長がクイブチを探すBlog
昨日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は全然知らなかったのだが 「たまごっち」の生みの親横井昭裕 という人、番組を見て最後の本人の一言が とても印象に残った、 「素人が千人集まっても一人の人ににかなわない、その一人の人がプロだと 僕は思ってるんです... [続きを読む]

受信: 2006/10/27 11:12:45

» ヒットの秘密は"トゲ”にあり トラックバック 須磨寺ものがたり
フクロウのいる社長室、そこが玩具企画開発会社・社長「横井昭裕」の仕事場である。横井は、居酒屋会議なるものをよくやる。会議でない、リラックスしたなかでの、なにげない一言がヒントとなることがあるという。これには、わたしも、同感です。... [続きを読む]

受信: 2006/10/27 16:36:43

» ヒットの秘密は"トゲ”にあり トラックバック 須磨寺ものがたり
フクロウのいる社長室、そこが玩具企画開発会社・社長「横井昭裕」の仕事場である。横井は、居酒屋会議なるものをよくやる。会議でない、リラックスしたなかでの、なにげない一言がヒントとなることがあるという。これには、わたしも、同感です。... [続きを読む]

受信: 2006/10/27 16:41:36

» あなたのトゲは何ですか?「プロフェッショナル~仕事の流儀~」ゲーム開発・横井昭裕氏 トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
10月26日放送NHK番組「プロフェッショナル~仕事の流儀~」 は玩具 企画開発・横井昭裕氏。横井氏はあの世界で4000万個売り上げたと言う「たまごっち」(番組内では「卵型ゲーム」と言っていたが・・・)を開発した方。 <その1> 横井氏は言う。 企画の命は「トゲ... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 18:39:56

コメント

即興で漫才できる人だと思った。頭に浮かんだことを瞬間的に言葉にしているし、その次に浮かんだこともぱっと言葉にしている。
ひらめいたことを、瞬時に考え方や思考といったものに、
しっかりとしたものにしている人のように感じた。


そして話す途中でも話しながら、自分で話すことによって次のことがひらめいている、
自分の言葉を聞きながら次ひらめいているように感じました。

四こま漫画とか、すぐにかけてしまいそうなすごいおっちゃんでした。

投稿: 平太 | 2006/10/27 18:32:12

トゲ=意外性、ひっかかりのあるものが、ヒットするとは限らないが、企画者というのはそのイチかバチかの瀬戸際に命をかけるもの。だから、優れた企画者はトゲのあるものを生み出したがるものなのだと今回の放送を見て痛感した次第。

それにしても横井さん、番組でみたときはけっこうトゲのありそうな、チョいワルオヤジしてましたね~^^。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/10/26 22:45:28

コメントを書く