« TはタンゴのT | トップページ | 多様性こそ脳の栄養 »

2006/10/15

「お前、寒くないのか?」

こっちに来る前に、関根崇泰が
ネットで天気を調べて、
 「わっ、2℃とかになっていますよ」
と言っても、誰も信じなかった。

 アトランタは「南部」というイメージが
あったからである。
 私も、「お前、何か勘違いしているんじゃ
ないか」
と言って相手にしなかった。

 ところが、来てみたら本当に寒かった。
 昼間は暑いくらいだが、夜になると
ぐっと冷える。

 Society for Neuroscienceは、二万人以上が
くる大学会で、
 会場のGeorgia World Congress Centerも
巨大である。

 セッションの時間が終わり、
 学生たちはオリンピック・パークに
いると言うので、
 さっそく行ってみた。
 噴水のそばに全員集合している。
 数えてみると、私を入れてちょうど10人。
 修士一年の石川と野澤をのぞいては、
みんな発表する。

 南部料理を食べにいった。

 会話の途中で、探索の話になり、
 「アトランタ・ム」に探せばいいんじゃないか
と言ったら、しーんとした。

 関根が、ぼそりと、「ある年齢になると
そういう冗談が面白くなるんでしょうね」
と言った。
 私は腹いせに赤ワインを関根のグラスに入れて
にらみつけてやった。

 食後に行ったパブはアフリカ系の人たち
ばかりで、
 おじさんがポラロイド写真を売りつけに来た。

 みんな寒いと言っているのに、星野英一
だけはTシャツを着ている。

 「お前、寒くないのか?」
と聞くと、「寒くはないですが、お腹がいたいです」
と言ってビールを飲まない。

 外に出るとますます寒い。
 星野が、
「今朝、ホテルのそばを散歩していたら、
黒人のおじさんが、厚着で歩いていて、
ぼくを見て、Aren't you cold?と聞いたんです」
と言いながら相変わらずTシャツで歩いている。

 ファイヴ・ポイントという地下鉄の駅で
星野の写真を撮った。
 「もっと寒そうにしろ」と言ったけれども、
へらへらしていた。
 持っているのが学会のバッグである。


「お前寒くないのか?」と言われた星野英一クン
(茂木研究室修士課程)

 私だけホテルの予約が例によって出遅れて
中心街がとれず、
離れたBuckheadという地域に泊まっている。
 ところが、ここは実はバーやレストランが多いところ
らしい。

 地下鉄の駅で降りて、暗い夜道を歩いていると、
うまそうなステークハウスがあった。

 仕事をたくさん持ち込んでいるので、
朝早くえいやっと起きて始めた。

 途中で、
 お腹が空いて、もうダメだ、となったので、
ルームサービスで「アメリカン・ブレックファースト」
を頼んだ。

 ハッシュブラウンを9割方食べ終わった頃に、
トマトケチャップがあることに気付いた。
 しまった。大好物である。

 BGMとしてFOXテレビをかける。
 完全に共和党御用達なり。

 その一方で、
 ニューヨーク・タイムズに健全なる批評精神を
見る。

 今年のノーベル平和賞の対象になった
「マイクロ・クレジット」について、
 「最貧困層ではなく、境界層に融資した方が
経済発展を促すのではないかという批判もある」
と書く一方で、
 「Yunus氏は人間的温かさを伝えることの
できるすぐれたセールスマンでもある。クリントン
前大統領が主催した会議で、「物乞い」の人に、
どうせ家を回るんだったら、その時小さな商品を
持って売ったらどうだと提案した話をして、
そのすぐれたアイデアに、会場から感嘆の
声が上がった。最後に、Yunus氏が、「今までに
たくさんの人々が、物乞いの生活から抜け出しました」
と言うと、拍手がしばらく鳴りやまなかった」
と熱い思いもにじませる。

 同じお金を貸すのでも、動機は大違いだ。
 東京の街頭でティッシュをもらうのも、何だかはばかられる。

 そろそろ明るくなってきて、
 木の梢がオレンジ色に染まってきた。

10月 15, 2006 at 09:00 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お前、寒くないのか?」:

» その花の名を問うてみる・・・ トラックバック Little Tree
昨日、自宅近くのお庭で見かけた白い花のお話をいたしましょう… 少しさかのぼってお話しいたしますと、木曜日からkirikouたちの後期授業がはじまって 「よ〜し!!後期は遅刻なしでいこう!!」と、決意していたにもかかわらず… 「そうは、問屋はおろしてくれず」2日目から、遅刻モードになってしまいました。 そのkirikouにまつわるお話の続きは、実はイロイロあったりというこ... [続きを読む]

受信: 2006/10/17 23:54:42

コメント

いまごろ、アトランタは朝を迎えている頃でしょうか。
こちらは、そろそろ仕事を退けようかというところです。

谷川俊太郎さんの詩、『朝のリレー』を想います。
この地球はいつもどこかで朝がはじまっているのだなと。

では、バトンタッチです。
地球をよろしくお願いします。

投稿: kyono | 2006/10/16 21:16:40

「寒くないです」と言いながら、ブルブル寒そうにしている星野君。あったかくしなきゃだめだぞ。

茂木先生も学生たちと南部料理を食べながら「アトランタ・ムに探せばいいじゃないか」と、ジョークを言うのだが、案の定“すべって”しまったようだ。

やはり、イマドキの学生に“オヤジジョーク”は受けないのだろうな…。

食べ物屋があるところにいらしているとは、まことによいではありませんか。ただし、くれぐれも食べ過ぎ飲み過ぎにはご注意を!

意外や茂木さんがトマトケチャップ好きだというのも初めて知った。う~ん、子供みたいで、何ともよいなぁ…。
(これまた、済みませんm(_)m) 

でも茂木さんって、何だかみるからにケチャップが好きそうな人に見えるんだけれど…。

「マイクロクレジット」って、貧しい人達のために設立された“グラミン銀行”のサーヴィスなのかな?

貧困に苦しむ人々の経済的自立を促す為にユヌス氏によって設立されたグラミン銀行。

翻って日本の銀行は、あいも変わらず、大企業や富豪(ネット富豪も含む)のホウばかり向いていて、貧者の自立など考えてはいない。

サラ金の会社がティッシュを配っているのを東京で見かけるが、彼等は貧しい人々を犠牲にして経営を成り立たせているのだ。

富豪や大企業に優しく、庶民や中小企業に冷たい日本の各種金融機関…。

グラミンのように、ノーベル賞などとれっこないのは、自明の理である。

アトランタ滞在もあと二日ですね。寒暖の差が激しいそうですので、朝夕は暖かくしてくださいね。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/10/16 19:31:53

久しぶりに出ましたね。 カミンぐう・・(笑)以来。。

アトランタは気温低いのですね。
星野さん、すごく寒そうに写ってます。
きょうはこちらも風が冷たかったので、見ていて寒くなりました。

こちらはさきほど、日付が変わったところです。
茂木さんもお風邪をぶり返されませぬよう。。

ところで、南部料理というのが気になります。。フライドチキンとかでしょうか…

投稿: M | 2006/10/16 0:29:49

こら~っ!関根~!茂木博士は当事者意識を持って、そういったことを身をもって引き受けてんですよ!

空気、空気!いい空気づくりのためですよ・・・・。ね?

もし、自発的好みだったら・・・。関根さんが正しいですね。

いい空気吸って、じゃんじゃんいろんなもの見てきてください!
充実してれば、Tシャツでも、はっぴ姿でも風邪なんて引きませんよ!

風呂上りでTシャツの馬鹿より。

投稿: 平太 | 2006/10/15 23:40:21

コメントを書く