« あの椎名誠とたき火をする | トップページ | 普遍性が担保される二つの道筋 »

2006/09/17

ニューロンの回廊 最終回

様々な分野で活躍する人たちの“潜在脳力”を研究してきたドクター・モギ。今回彼はこれまでの研究をまとめるためにMOGI脳科学研究所にビッグな客人を招いた。      
その人とは、コピーライターの糸井重里!「おいしい生活」「不思議、大好き」などのキャッチコピーで、日本で最も有名なコピーライターとして活躍している糸井の力を借りて、ドクター・モギはこれまでの研究をまとめたレポートを作成することにしたのだ!果たして「潜在脳力レポート」はいかなるものになるのか?
二人の絶妙なトークに注目!!

放送日:
2006年9月17日・24日 (日)20時〜20時54分
2006年9月21日・28日(木)19時〜19時54分

http://www.bs-n.co.jp/shokai/newron.html


9月 17, 2006 at 07:24 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューロンの回廊 最終回:

» 「無頼庵ちゃんねる」の新規登録!! トラックバック ♪ああいえば山田優♪blog
「茂木健一郎 クオリア日記」を「無頼庵ちゃんねる」の「科学・技術系」の所に追加さ [続きを読む]

受信: 2006/09/18 1:02:54

» 脳化社会の行方は? トラックバック 銀鏡反応 パンドラの函
@今だ衰えを知らない“脳ブーム”。書店を見回してみても、「脳を鍛える大人のナンとかドリル」とか「脳によくきく写経」とかいろいろな“鍛脳書”が売られている。 @新書をみても、脳関連の本がけっこうでている。少なくとも私が知っているものでもこれだけ出ている。↓ 記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 作者: 池谷 裕二 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2001/01 メディア: 単行本 3~4歳の右脳+左脳ドリル 作者: 市川 希 出版社/メ... [続きを読む]

受信: 2006/09/18 17:43:51

» 最終回はバイラルCM☆ トラックバック 世界おもしろCMランキング
R25でも取り上げられた、巷でうわさのバイラルCM。あなたのツボにハマるおもしろCMがきっとみつかりますよ☆ ※音が出ますのでご注意ください。 ※ちょっと過激なCMもありますので、お子様の閲覧には十分ご注意ください。 [続きを読む]

受信: 2006/09/19 18:53:10

» 潜在能力の開発法~ニューロンの回廊 最終回~ トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
9月24日放送の「ニューロンの回廊 」最終回。 対談相手は糸井重里氏。 以下、録画していたわけではないので正確な表現ではないかもしれないので、その点はご容赦いただきたいです。 イントロダクションの話で気になったのは代替性(他にとって代わるものがないこと)に関... [続きを読む]

受信: 2006/09/25 20:48:26

コメント

>匿名様
ポルノの普及が多くの日本人の脳を壊している…それはひょっとしたら、言えてるのかもしれませんね。

近年、公務員や教師がいかがわしい事件を起こしているのは、実は各種ポルノの普及が原因かと私も、思います。

それにしても、茂木博士のコミュニケーション力には毎回脱帽させられました。ITの申し子でもあるのに、生身の対話力を発揮して、相手のいいところを引き出してしまう。

しかし、イトイさんがポルノ話題を出して来た時には、流石の茂木さんも、内心赤面しておられたでしょう…。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/21 21:51:59

ニューロンの回廊 いつも 楽しく拝見しておりました。
茂木さんのコミュニケーション能力には いつも 脱帽!
パティシェのT氏 を 私は個人的にあまりよい印象をもっていなかったのですが、茂木さんとの会話で 彼の「良い面」を引き出していたなぁ って思いました。
最終回の糸井さんとの会話でも、茂木さんは ものすごく
フォローをされていましたが、残念ですが、糸井さんの
ポルノの話題に、「このひと 人として 終わってる」
と 思いました。
日本人の多くがポルノの普及により、脳が壊れている、
と私は 思うのですが。。。

投稿: 匿名ですみません | 2006/09/19 11:43:25

嗚呼、ついにきょうで最終回か…、「ニューロンの回廊」。折角の最終回なので見させて頂きましたが、潜在脳力とは「LOVE」と一言で表現した糸井さんのセンスに脱帽!

他者も自己も愛する事が出来る者こそ、そんな脳力を発揮できるのだ。

これまでこの番組でみてきた達人たちの生きざまを参考に、私も潜在脳力を発揮できるように生きていきたいな。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/17 22:09:22

コメントを書く