« 『「脳」整理法』増刷 | トップページ | 野良ブログ »

2006/09/27

モザイクをかけませんでした

 朝一番で、忙しくて
ずっと行けなかった健康診断に。

 ほぼ年に一回の、儀式のようなもの。 
 身長や体重を量り、心電図をとり、
尿をとり、レントゲンをとり、血液をとる。

 なんだかシュンとする。
 身体が物質系として扱われ、その
データがとられるということもあるし、
 自分が「いつか死すべきもの」であるという
事実に直面させられるということもある。

 終わって街を歩いていると、何だか「娑婆」に
出たようでほっとする。
 こういうことが、あと?十回繰り返され、
そして私はこの世にいなくなる。

 車谷長吉さんの『世界一周恐怖航海記』
を読んだらとても面白くて、
 文学者の心性というのは何だろうと思った。
 世捨て人?
 安楽椅子を拒否する?
 
 自分の気に入った作家の文学全集を二、三回
読み、
 暗誦できるくらい慣れ親しむ。
 辞書を端から端まで全部目を通す。
 それでも作家になる必要条件であって、
十分条件ではない、と車谷さん。

 世の中に対する立ち位置。
 人生をありのままに見てしまうこと。
 人間の欲望の芯のようなものを、世間などには
遠慮せずに
露わにぐいと引き寄せて言葉の数珠つなぎにする。
 それが、
 小説家の業というものなのだろう。

 電車で移動しながら考えた。

 人生を一つの動物の軌跡として見た場合、
絵に描いたような成功や、
 ビジネス・ライクな合理主義や、
 自己啓発本にあるような野放図な楽天主義
ではなく、
 「うねうね」や、「ぐだぐだ」や、
どうしょうもない失敗にこそ
 その本質が顕れる。

 外れたり、落ちたり、たたずんだり、
すねたり、怒ったり、また希望をもったり。

 大雨。
 「世界一受けたい授業」の打ち合わせ。
 佐谷直子さん。

 台本を広げ、パソコンで動画をチェックし、
進行を確認する。


(お断り:一部モザイク処理してあります)

 佐谷さんを初めとする「セカジュー」の
スタッフは大変優秀で、
 「アハ体験」が今やいろいろなところでパクられて
(失礼、普及して)
やられている現状において、
 常に「一歩先」を行こうとしている。

 スタッフの走力を結集した「一段
とパワーアップ」したアハ体験とは何か?
 オンエアをお楽しみに。

 『ニューロンの回廊』の打ち上げがあった。
 二次会で、花野剛一プロデューサー
(通称花野P)がマイクを掴んで
シャウトした。
 歌に合わせて手を叩き、踊った。

 半年間、苦楽をともにした「花野組」
のみなさんとも、とりあえずはこれで句読点
(「。」ではなく、「、」)。
 皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとう
ございました。

 花野P、またこのうるわしい場所でお会いしましょう!


気合いが入る花野P
(こちらの写真は、モザイクをかけませんでした。)

9月 27, 2006 at 09:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モザイクをかけませんでした:

コメント

 今の忙しい仕事が、真っ白き大地が少しでも見えてくるところ
まで、ぽーんと飛び越えてクリアできたら良いのにね…。
 もちろん、お体は無理されないようにね…!

 健ちゃん、大好きだあぁ! いつも応援しているからね!

 眠くてぼーぅとしたアタマでは、こんな応援メッセージしか
書けず…。 オヤスミナサイ。
 パ○・ヨ○ハは、茂木さんのパクりなのかなぁ…
…むにゃむにゃ…。

投稿: 龍神 | 2006/09/28 6:26:57

 @ どうしよう ! もない失敗に顕れる本質

    陰   成田離婚  トラブル処理の縮図 

成田エクスプレス チケット 紛失処理能力が  縁
    偶然 居合わせた ネゴシエーターの目に留まり

      就職先 ほぼ内定  こんな実話も   陽

 

  * 寒暖差 かぜ 注意報 うがい励行 致しましょう。!

投稿: 一光 | 2006/09/28 4:07:27

「うねうね」「ぐだぐだ」、如何ともし難い失敗…といった中に人生の本質がある…う~ん、けだし、正鵠。

人はうねうね、ぐだぐだと失敗を?十回も繰り返し、そのようにして人間として成長し、やがて年老いて黄昏を迎え、死ぬ。

死して後、肉体は素粒子となり、精神、意識は宇宙を貫く生命のリズムと一つになってゆく。その中にこそ、凡百の自己啓発書には決して書かれない、人生の軌跡の本質があるのだろう。

合理主義、野放図な楽天主義には、人生の本質を語っているものなんて、ホトンドないのかもなぁ。

茂木先生の周りの人達って、好い人が本当に多そうだ。朝カルなどにてお目にかかる電通の佐々木さんもそうだし、CLUBKINGの桑原さんなどもそうだ。茂木先生の人徳が、あたかも磁石が砂鉄や釘を寄せ集めるように、よい人を沢山惹きつけるのだ…。

『ニューロンの~』のプロデューサー、花野さんのお写真、初めて拝見しました…。花野さんもなんだか好い人という感じがする。マイク持ってシャウトしたりして…茂木先生もシャウトされたのでそう。

私らのようなはしくれも、茂木先生の徳に惹かれて集まってくる。

徳のある人間には、人が沢山寄るものなのだなぁ。

でも先生、健康にだけは十分注意してくださいね…。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/27 20:03:58

この日記は茂木どんの日記。ページ。ステージであるけれど、いつも
ふだん、脇にいたり、縁の下で支えている人達を写真いりで
出演させている。ステージにあげている。
茂木どんさまが、いろんな視線で人をよくみていることが伝わります。

花野Pさま・・・トータス松本を水で薄めて、ルパン三世のフレーバーと、和ざんぼんの風味をまぜたような、よき甘みをかんじます。素敵な色のシャツだなー。

投稿: 平太 | 2006/09/27 17:48:30

こんにちは
健康診断でわかること
http://www.sempos.or.jp/kk/ohsaka/wakarukoto.html
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/fb2_kens.htm

検査は 一部の結果にすぎませんから
まあ ハードウエアのチェックとわりきれば いいのではないでしょうか(^ ^;)
(アマルガム はいってませんか?)

最近きずいたこととしては
本は 印刷所がさきか 本がさきかという
命題のいみ?に なんとなく? きずいた?ことでしょうか?(^ ^;)?
(クオリアから クリオネを連想してしまいました)(^ ^;)失礼

脳ドック
http://www.soseikai.or.jp/dock/doc1.html
http://www.m-kousei.com/izumi/dock1/brain%20dock-1.html

SPECTを もちいて 分析 治療されているかた(エイメン博士)
http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=nb_ss_b/503-6289420-0151919?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83G%83C%83%81%83%93&Go.x=0&Go.y=0&Go=Go

投稿: ふたごのせんぷーき | 2006/09/27 12:49:45

コメントを書く