« プロフェッショナル 仕事の流儀 放送予定変更のお知らせ | トップページ | 思い切りgeekで、space cadetでいいんだけど »

2006/09/28

ペンローズの量子脳理論 (ちくま学芸文庫版)

ペンローズの“量子脳”理論—心と意識の科学的基礎をもとめて (文庫)
ロジャー ペンローズ (著), 竹内薫 (翻訳), 茂木 健一郎 (翻訳)


以前徳間書店から刊行された、「ペンローズの『量子脳』理論」
が文庫本となりました。
 私がイギリスでペンローズに最初にあった時のことを記したエッセイも
収録されています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480090061


9月 28, 2006 at 08:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンローズの量子脳理論 (ちくま学芸文庫版):

» 茂木健一郎先生序文『蒼天のクオリア』 トラックバック 御林守河村家を守る会
拙著『蒼天のクオリア』への書評として、 「入手極めて困難な名著です!」と、Amazonのユーズド商品のサイトに書かれています。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/478389597X/used/ref=sdp_used_b/249-2157088-9769113 これは著名な脳科... [続きを読む]

受信: 2006/09/28 10:24:58

» 量子脳理論 トラックバック 夢への滑走路(名も無きポスドクの愉快な旅)
以前徳間書店から刊行された、 「ペンローズの『量子脳』理論」 が文庫本となったそうだ。 下のブログに書いた本は電子回路だが、 この本も合わせて読み進めて 人間の脳と電子回路の違いを探ってみようか  ... [続きを読む]

受信: 2006/09/29 1:42:15

コメント

コメントを書く