« 天井は開かず | トップページ | 身を傾けすぎると »

2006/09/12

手間暇と情熱を吸い込んで

 東京に帰る途中に、
 小布施のセーラ・マリ・カミングス
を訪問した。

 佐々木厚さんが帰りに寄るよと
電話をかけておいてくださったのである。

 長野県のあたりは、なんだかきゅっと
引き締まった美しさに満ちていると
思う。

 小布施方面に向かう飯山線の中で、
ひたすら仕事をしていたが、ふと見上げると
 ゆかしい川が流れていたり、
ススキが黄金色に揺れていたり、 
 さりげなく小さな鳥居があったり、
仕事なんかしないでその風景の流れの
中に浸っていた方がいいのに、と思った。

 小布施堂の周囲は、
セーラや、桝一酒造の市村社長の努力で、
 とりわけ美しい空間となっている。

 佐々木さんが電話をして、セーラと
「どこ、どこ?」と言っているうちに
ぱっと見えた。
 どこにいても目立つ。

 「茂木さん、こんにちは」
と言っているか言わないかのうちに、ツアーが始まった。

 「必要な機械は置くけれども、お客さんからは
見えないようにします。蔵の二階と一階で、
下や上の音は聞きたくない。だから、プライバシーに
考慮して防音はちゃんとします」
 「ここは、もともとは砂糖を置いていました。
だから、スイートしかありません。あれ、気付きません
でした? スイートしかないのです」
 「ここは、今造っているホテルが終わったら、
ゆっくり取り組みたいと思っています。ここから
土を取って、壁に使いました。
 それから、瓦も焼こうと思っています。」

 「ここが、私がシナモン、スパイスと一緒に
暮らそうとしている家です。茅葺き屋根は貴重
です。みんな、こういうところ、壊してしまいたいと
思っている。家の古さよりも、往々にして、中に
たくさんのものがあることが問題です。これは
必要、これは要らない、と選別するのに
時間がかかる。私はそれをやります。
 壊してしまって、中のものも一緒に消えて
しまったら、一見簡単なように見えるけれど、
それじゃあ面白くないですね。」
 シナモン、スパイスというのは、セーラが
飼っている犬である。

 「全部古い瓦じゃムリだ、というので、
私は喧嘩して、新しい瓦を使うくらいだったら、
10年、20年待っても古い瓦が来るまで
待つ、と言いました。
 ほら、キレイになったでしょう。
 ところで、蔵が沢山あるので、私は
クラクラしてくるのです。」

 二カ所にさり気なく書いたように、
セーラは、だじゃれが好きで連発する。
 それよりも何よりも、エネルギーに
誰でも驚くはずだ。
 
 文化というのものは手間暇と情熱を吸い込んで成長
する。
 小布施のセーラ・マリ・カミングスを
訪問すれば、誰でもそのことを実感できる
はずだ。

 市村社長や、クオリアの勉強会を
しているという南さんらを交えて昼食を
いただく。
鏡に向かってカメラを構えたら、
セーラと私と南さんが映った。

 ホテルは年内には何とか形になるということ。
 セーラとその周囲の人々の情熱と努力で、
きっとびっくりするくらい魅力的な場所になるに
違いない。

 新幹線は何故か満席で、
 並んで自由席で帰った。

 自由席は大丈夫だとわかっていても、
なんだかおしりのあたりがふわふわするような
気持ちがする。
 
 自由とは、このふわふわのことかしらん、
とフラワーピッグは思ふ。

9月 12, 2006 at 07:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手間暇と情熱を吸い込んで:

» 自己批評☆乙女時間 トラックバック そのうち幸せになれますblog
先日、講演を聴いて以来、茂木健一郎さん(以下モギー)の著書を読んでいる。 講演のとき、モギーは「自己批評」が大切だと言った。 自分の弱いところをきちんと把握しておくことは大切だと。 「痛いほどいい。」とも言っていた。 実際に聴衆の何人かが自分の「自己....... [続きを読む]

受信: 2006/09/12 14:37:24

» mogi mogi mogu mogu トラックバック something from
今日は小布施に茂木健一郎さんご一行が立ち寄られた。 昨日は9月10日で、越後妻有トリエンナーレ最終日。 ということもあってかどうか知らないが、 ジェームズ・タレルの「光の館」でニューロ・マーケティング研究会を なされていたそう。 茂木さんと佐々木さんら総勢6名は、みなさん重い荷物をもって、 少しお疲れのご様子でした。 レストラン傘風楼でランチをされながら、 茂木さんはどこかとても楽しそう。 セーラさんよろしく、普通はダジャレと呼ぶのだろう「言葉遊び」を 織り交ぜながら、小... [続きを読む]

受信: 2006/09/12 22:53:52

» 茂木さんともぐもぐランチ トラックバック bunka人
セーラさんが茂木さんが来ると言ったのはいつだったか?今日は昼前に6人で茂木健一 [続きを読む]

受信: 2006/09/13 17:57:52

» 茂木さんともぐもぐランチ トラックバック bunka人
セーラさんが茂木さんが来ると言ったのはいつだったか?今日は昼前に6人で茂木健一 [続きを読む]

受信: 2006/09/13 18:00:23

コメント

初めてセーラさんのお写真を拝見。おお…、何と美しい方なのでしょう!
この美しさで、だじゃれを連発なさるなんて、ユーモアにもあふれていらっしゃる!
セーラさんの後ろに写っている茂木さんや、南さんもとても好い表情をされている。

小布施の光景に馴染むように、ホテルの造りも手間暇かけて工夫なさっている。

古い瓦にこだわる所なんかとっても好いですね。

きゅっとひきしまった美しさの、信州の自然を守っていこうとする彼女の情熱に、きょうのエントリーを通して触れられた気がした。

ふわふわの自由を満喫して、東京へと帰るフラワーピッグ。

明日からはまた忙しくなるのでありましょうが、信州の自然の中で沢山吸いこんだ情熱と鋭気を源として、フラワーピッグは、東京で奮闘を始めるのだ…!

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/12 20:26:31

茂木先生飯山線にて発見!!
昨日は、イラストの仕事を届けに飯山線に乗ったところ
なぜか斜め後ろの座席が気になり(これも何かのオーラの仕業?)ちらっと振り向くと、んっ?茂木先生?なんで、なんで、何で飯山線?って感じで頭の中は、?でいっぱい。
私は3月に小布施で行われたオブセッションに行き、すっかり
茂木ワールドにはまってしまいました。
セレンディピィティのお話などいろいろ目からうろこの状態でした。アハ体験は癖になりますし!
昨日朝の星座占い11位の成果?で、電車に乗り遅れ本当にラッキーな私でした。

投稿: 小林徳子 | 2006/09/12 17:10:23

茂木さんと、セーラさんの写真の前で
固まってしまいました。

鏡に向かってカメラをむけると
いつも心細くなります。

こんなに近くにいるのに
永遠に交わることのない
何かを見てしまったようで…

投稿: mori | 2006/09/12 9:02:52

コメントを書く