« プロフェッショナル 仕事の流儀 上山博康 | トップページ | (本日)朝日カルチャーセンター 『脳と映画』 »

2006/09/15

もろもろですねえ

 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録。
 写真家、上田義彦さん。

 「伊右衛門」、「烏龍茶」などの広告写真で
第一人者として知られる傍ら、人物の肖像、森、
妻の桐島かれんさんや子ども
との生活を記録した写真集を出されている。

 その写真の特徴は、「上田調」と呼ばれる
独特の光の使い方にあり、
 光が、照らされ、反射しているというよりは、
まるで被写体の内側からふんわりと
放出されているように見えるのだ。

 なんだか妙に気が合ってしまって、
とても楽しくお話することができた。
 上田さんも、「もう少し話したかった」
と言ってくださった。

 上田さんと東大の博物館の仕事で
一緒だったという橋本麻里さんも
スタジオ見学にいらっしゃる。

 終了後のスタジオの会話
有吉伸人チーフプロデューサー(ありきち)
「茂木さん、最近は忙しさも一段落ですかか?」
「いや、全く変わらないどころか、
ひどくなってきているんだけど、開き直って
いるんです。」
住吉美紀アナウンサー(すみきち)
「でも、茂木さん、最近ちょっと考え方とか
変わってきているでしょう?」
「えっ、そうですか?」
「スタジオで、隣りに座って茂木さんの
質問とか聞いていればわかります」

 確かに、忙しいいそがしいとこづき回されて
いるのではなく、自ら主体的に動こうという
志向性が立ち上がっていることは事実。
 心の真ん中に「金剛石」を抱こうと
しているのだ。

 ずどーんとぶつかって仕事をし、
またずどーんとぶつかってこなし、
乗り越える。
 そうやって少しずつ前に進む、という
毎日。 

 私のまわりにいる人には、時折
衝突の大音響が聞こえているはずです。

 ありきちさん、山本タカさんと
そば屋に行く。
 「茂木さんとこうやってお話するのも
そんなにないことですねえ」
 「そうですねえ。もろもろですねえ」
 「もろもろですねえ」
 「もろもろ」
 「もろもろ」

もろもろが何なのかは、編集で落ちてしまった。

 人生の生の現場が面白いのは、編集され、意味が
立ち上がる前のさまざまな事象がそこにあるからです。

9月 15, 2006 at 07:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もろもろですねえ:

» お話のたね・・・ トラックバック Little Tree
半径数メートルの身の回りのことから、広げていけば宇宙のかなたまで… 気になること、わからないことだらけのように感じる今日この頃デス。 それにしても、こんなささやかな暮らしをしている私でも それなりにアレコレと想うことの多い日々のいとなみの中で 皆さまに、何かをお話したいと思うのも、考えてみればホントウに不思議なことですね! 今日のタイトルにしました「お話のたね」らしきものが 朝、目覚めた... [続きを読む]

受信: 2006/09/17 4:24:06

コメント

なまの人生がもし、映画のように始めから編集され、意味立ちがなされていたら、心地よいかもしれないが、きっとそれだけで終わってしまっているだろう。

人生には、美しい事象もあれば、えげつないなァ、としか言えない事象もあり、いろいろなものものが入っている、またそうでなくては人生のダイナミクスは味わえないだろう。

その雑多な諸々をろ過するみたいに編集でおとして、綺麗な部分だけ残したような人生なんて…やっぱりつまらない、と思うのは私だけではありますまい。では。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/15 22:28:34

ひらめき脳のトークイベントより芸大にも通いつめていたのですがコメントを書くのははじめてです、はじめまして!先週の日曜日エランヴィタール生命の躍動を初めて実感しました。私は本当はこんなにも生きたかったのかと、このままじゃ死んじゃうぐらい生きたかったんだと愕然としました。でもんもんと歩きまくりました。まだくっきりしませんが、毎日の茂木さんの日記を読んでると触発されます。応援しています!

投稿: | 2006/09/15 13:15:34

そこに起こっているさまざまな事象を、人はなぜ、あとから編集し、意味づけるのでしょう。
あ、記憶があるからかしら。
でも失われた記憶よりも、現場で自分の中に起こった何かがその一瞬に刻む一刀が、あとから形を成していくって気もするし…。私たちはそれを見逃せないってことでしょうか。
かなり徒然ですみません。

投稿: kyono | 2006/09/15 9:56:15

最近自分を改革しようといろいろなことに挑戦しています。
やはり毎日忙しくなり、今までの私ならば倒れてしまうようなスケジュールでも何かが違います。
忙しくても充実していると心意気が違うからでしょうか。
疲れすら気持ちよく感じられます☆
毎日何かを吸収しているのを体で感じ心も満たされていくようです。
気持ちの持ちようによって人生は素敵なものになるのですね。

投稿: | 2006/09/15 9:03:40

コメントを書く