« (本日) 日本重症心身障害学会 | トップページ | 「とっとっと」 »

2006/09/29

[師弟座談会]「養老教室」へようこそ  養老孟司 布施英利 茂木健一郎

文藝春秋 臨時増刊
教育の力を取り戻す
2006年11月臨時増刊号特別版
2006年9月29日発売

[師弟座談会]「養老教室」へようこそ
養老孟司 布施英利 茂木健一郎

養老先生は教室でどんな教え方をするのか。愛弟子と共に語る東大養老教室の秘密と教えの神髄

http://www.bunshun.co.jp/mag/extra/kyouiku/index.htm

9月 29, 2006 at 06:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [師弟座談会]「養老教室」へようこそ  養老孟司 布施英利 茂木健一郎:

» 授業参観「ちいちゃんのかげおくり」 トラックバック Little Tree
今日の5時間目は、国語の授業参観がありました。 先日から「音読」や場面ごとにちいちゃんの気持ちを、書き出すなどの 宿題が出ていました。 あまん きみこ作「ちいちゃんのかげおくり」は、戦争によって、幼いちいちゃんが家族を失い そして「いのち」をも失くしてしまうという とても、悲しい、ほんとうにいろいろなことを考えさせられる物語です。 私はそれまで、このお話を読んだことがありませんでしたので �... [続きを読む]

受信: 2006/09/29 17:42:36

» 教育って・・・。 トラックバック 「パンドラの函」の裏書き
 今朝方、日テレの「ザ・サンデー」を見ていると、「戸塚ヨットスクール」の映像が流れてきた。  そう、あの「体罰は教育だ」とぬかした、戸塚宏氏が経営している、あのスパルタ教育施設である。  今から23年前に、二人を体罰で死なす事件を起こし、本人は刑務所に収監されたことがあるにも関わらず、いまだに子供をこのヨットスクールに入れようとする親がいるという。  番組では、どうも親が子供と真正面から向き合わずに、子供から逃げるようにしてヨットスクールに預けていると報じていた。  しかし、私は、親が子供と... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 11:24:58

コメント

申し遅れました。 

桑原と申します。 52歳  一主婦 です。

投稿: 一光 | 2006/09/30 5:48:17

「師弟座談会」・・・非常に興味津々であります。養老先生は教室でどんな教え方をするのか・・・本当にどんな教えかたをするのでしょうか? 愛弟子ならずとも、そこが知りたい!!

養老さんに対し、布施さんや茂木さんがどんな質疑応答をなすのでありましょうか?

投稿: 銀鏡反応 | 2006/09/29 19:41:57

目白の駅から西門へ 数年前 娘の父兄懇親会に上京時

始めて 明治神宮参拝の折 光の川に気付くこともなく お社までの 長い玉砂利           心鎮め  ふみしめ ふみしめ
 

大御心に届く頃  畏敬の念

社務所にて 教育勅語 購入

日本教育の神髄  新たな形で蘇ること祈念 其のときから

ひそかに企む 一母として  日本教育の改革の入り口

クオリア日記  これからも期待致します。

投稿: 一光 | 2006/09/29 18:54:59

コメントを書く