« 義経になりました | トップページ | もの言わぬもの »

2006/08/03

プロフェッショナル 仕事の流儀 小柳栄次

プロフェッショナル 仕事の流儀 第22回

恋して泣ける技術者たれ

〜ロボット技術者・小柳栄次〜

地震やテロなどの災害現場で、人命救助活動を支援するレスキューロボット。この分野で注目を集めている技術者、小柳栄次(55歳 千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター副所長)。国際的なロボットコンテスト「ロボカップ」のレスキュー部門で2連覇を収めた他、実際に新潟県中越地震で災害復旧支援活動に従事するなど、実用化を見据えた開発で、世界的に注目を浴びている。
小柳は実は、30代後半までは、ロボット開発とは全く縁のない工業高校の教師だった。だが、あるときロボット技術の魅力に魅せられ、「四十の手習い」にとロボット開発の道に進んだ、遅咲きの技術者である。その流儀は「最先端より信頼性」。万に一つのミスも許されない災害現場で使われるからこそ、多少古くても安定性のある技術をパズルのように組み合わせ、機動性に優れたロボットを作りこむ。現在、小柳は大学生たちとともに、操作性を向上させた新型機の開発に没頭している。夜を徹して行われる小柳の開発現場の1ヶ月半に密着する。

NHK総合
2006年8月3日(木)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

8月 3, 2006 at 07:12 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 小柳栄次:

» 本日22:00~ トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
NHK総合・本日22:00?22:44 「プロフェッショナル~仕事の流儀~」 放送! 週に1度くらいは仕事をするとはどういうことかを考えるいい機会だと思います。 今回のプロフェッショナルは30代後半まで全くロボットの世界と無縁だったロボット技術者・小柳栄次氏です。... [続きを読む]

受信: 2006/08/03 20:01:14

» 辞める勇気 トラックバック 4月8日
さだまさしさんが地元・長崎で20年間続けてきた 平和コンサート「夏 長崎から」が、6日、最終回を迎えたそうだ。 続けてきたけど、いっこうに平和にならない世の中を 少し離れたところから見つめ直してみようと思ったらしい。 「プロフェッショナル~仕事の流儀」で紹介された、小柳栄次さんが、 「始めるのは『努力』でできる。継続は『楽』なんです。 で、辞めるのが、一番『勇気』がいるんですよ!」 とおっしゃっていたように さださんが今回の決断をするに至るまでの思いは、いかばかりであったか... [続きを読む]

受信: 2006/08/09 13:44:17

» 番組紹介 「プロフェッショナル 仕事の流儀」とは | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 トラックバック ぼちぼち らいふ
リンク: 番組紹介 「プロフェッショナル 仕事の流儀」とは       |    [続きを読む]

受信: 2006/08/11 0:05:37

コメント

小柳さんは、ゆっくりはじめても

素敵な出会いと心の奥から湧き上がる想いがあれば

道は開けて、いつか花咲き、実を結ぶ…

と、信じられるような素敵な方でしたね。

私自身、大それたことを思っているわけではありませんが
なんだか、勇気がわいてきました。

それに、笑顔がとても印象的でした。

モチロン「人間」にも、でしょうが
いろんな「もの・こと」に「恋して泣ける」

感性と柔軟性を、いつまでも持ち続けたいものです…

投稿: TOMOはは | 2006/08/04 8:02:11

コメントを書く