« フラワーピッグ君のオメメ | トップページ | どうなるかわからないから人生は面白い »

2006/08/08

210ということはないが

 高知市民大学へ。
 今年で56年続いているとのこと。

 今まで二度来た講師は今年来る
立花隆さんだけで、
 それも30年ぶりとのこと。

 場所柄、坂本龍馬の話をする。

 1000人収容の会場があふれて、
テレビモニターで見ている人たちも
いるということで、
 終了後、その会場の方にご挨拶に行った。

 地元の富士書房の方が本を売ってくださった。
 講演前にサインをして、
 講演終了後もひたすらサインをした。

 これまでの最高記録であることは間違い
ないなり。
 「ひらめき脳」、「脳の中の人生」、「脳と仮想」
の三種類を、各70冊、計210冊
 を完売してくださった。

 一人2、3冊買う方もおられて、
時間の関係上1冊しかサインできなかったので、
 210ということはないが、
150は間違いなく越えていて、
 180くらいはサインしたんじゃないかと
思う。

 「できるだけ全員に違う
図柄で描く」というポリシーでやっている。
 相手の顔を拝見して、その雰囲気で瞬間的に
創発する。
 さて、そのようなことをすると、
活性化する脳の領域はどこでしょう?

 ベートソンのイルカの話につながるなり。

 フラワーピッグはヘトヘトになりながらも
アイツトメマシタ。

 サインをしてもらう側の話だと
 私自身は、今まで一度だけある。
 大学院生の時、大江健三郎さんが
東大生協にいらして、
 その時『懐かしい年への手紙』に
サインしていただいた。

 自分の名前を書いて並んで、
「茂木健一郎様  大江健三郎」
と丁寧に書いてくださった。

 その時の本は今でも大切にとってある。
大江さんがノーベル文学賞をとられる
前のことである。

 さて、東京にトンボ帰り。

 桂浜くらいは行こうかと思ったが、
すぐそこと思ったところが、
 案外遠くて、果たせなかった。
 ビールを飲んで刺身を食べただけで
初めて来た高知を後にする。
 
 しかし、土地の方々のご厚情には
触れることができた。

8月 8, 2006 at 06:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 210ということはないが:

» 茂木健一郎の講演会 トラックバック My little corner of England
今、茂木さんの講演会から帰ってきました。今日は、脳と創造性についてのお話でした。 [続きを読む]

受信: 2006/08/08 11:02:38

コメント

大江健三郎さんが好きで、私は、内子の駅まで行きました。
羨ましいです。
中心と周縁、トリックスター、これらは大江さんの本で学びました。

投稿: ほしの | 2006/08/09 11:04:55

今晩は。

茂木先生は幕末の風雲児、あの坂本龍馬のお話をされたのですか。日本近世史でも彼は特筆すべき人物です。

世界に向かって意識が向いていた龍馬。幕末の動乱期に、日本と世界がつながれることを夢見た龍馬!

暗殺さえされなければ、彼は明治期に卓越した政治家として、きっと日本を世界にもっと開かれた国に改革できたかもしれない。

彼が生きていたら、日本は、いまのようなへんてこな国にならなくて済んだかもしれない。

茂木先生も世界に意識が向いていらっしゃる方だから、龍馬の信念、信条は御理解出来るのかもしれない。

私達はなるべく自分の内側にこもらないで、外に、世界に眼を向けていくようにしたいものだ…。


初めて赴かれた高知では、地元の方々の温かい人情に触れられたと思います。地方の人って人情厚くていいですよね。

かつお1本釣りとか、かつおの「たたき」とか、四万十川とか、いろいろな名物が高知にはある。私も死ぬ前に一度は来てみたい。


「健三郎」と「健一郎」との出会い。あの大江さんとそんな出会いがあったのか。

よっ!にくいぜ、フラワーピッグ!

そう言えば、大江さんには作曲家の息子・光さんがいらっしゃって、数年前にCDをリリースされている。

あまりの曲の素晴らしさに一度入手しようと思ったが、とうとう入手出来ずじまいで、ただ一個手許にあったCD/MDプレイヤーも壊れてしまって(因みにこのプレイヤーはSONY製)、家にて音楽が聴けない状態が長く続いている。

などと、きょうのエントリーと関係ない内容になってしまって相済みません…。

台風7号がゆるゆるながら、関東に近づきつつあります。暴風域はなくなったそうですが、まだまだ油断は禁物だそうです。突然の落雷にも注意したいものです。

それでは、くれぐれもご自愛されんことを。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/08/08 18:32:03

申し訳ありません、「どうなるかわからないから人生はおもしろい」のページに気がつかず、こちらのページにトラックバックをしてしまいました。こちらのページのトラックバック削除をお願いします。
「どうなるか・・」のほうでは、お話を聞くことができるんですよね。もっとたくさんの方にもきいていただきたいので、自分のページにもリンクを貼りました。
メールアドレスのほうにうまく接続できなかったのでこちらにかかせていただきました。

投稿: Kaori | 2006/08/08 11:24:16

昨晩はほんとうにありがとうございました。
こちらのページを訪れて、初めて茂木さんがこんなにも秒刻みの生活をしているのを知りました。
サインなんか求めたりせず、茂木さんを早く休ませてあげればよかった、と反省。
どうやって私が安全基地を築き上げてきたのか、昨日のお話しによって、パズルが組み合わされたときのようにすっと納得できました。
お体大切になさって、ぜひgap weekくらいはおとりになってくださいね。

投稿: kaori | 2006/08/08 11:01:37

コメントを書く