« メールアドレス | トップページ | プロフェッショナル 仕事の流儀 小柳栄次 »

2006/08/03

義経になりました

何だか、ここのところ
何回も名古屋に来ている気がする。

 どっちの方に行っているのか
わからないまま、タクシーに揺られる。

 目的地に着くと、はっとして、
あわててMacBookをしまう。

 「そうやって打っていて、データが
消えることってありますよね」
と運転手さんが言う。

 中京大学。
 認知科学会、認知心理学会の
合同シンポジウム。
 
 私は、認知科学の直面している
問題点として、
いかに確率的な記述を超えるか、という
ことがあるという話をした。

 最近思うこと。
 シンポジウムの際にどのような話題を
選択し、それについていかに話すか
ということに、フィロソフィーは
現れるのではないか。

 自分にとっては切実な世の中との
渡り合い方は、多くの場合気付かない
暗黙知に支えられていて、
 それを言語化し、普遍的なものに
接続し、
 人に説明できるようにすることが
有意義な事なのではないかと
考えるのである。

 目を瞑り、自己を省みて、
そのような作業をしているだけでも
退屈などしないし、
 何よりも脳が変わっていくんじゃないか。

 脳の機能というとどうしても
感覚や運動においてとらえ勝ちだけども、 
 自己を少し外側から見るメタ認知の
プロセスなど、
 boot-strapping的な
プロセスもダイナミクスとしては
とても大事なはずだ。

 シンポジウム参加者、斎藤洋典先生
と懇談する。

 斎藤洋典先生とお目にかかるのは
久しぶり。
 相変わらずお元気だった。

 川口潤先生は、落語に造詣が
深いと見た。
 日本酒がなくなって、「義経になりました」
と言ったら、
 ただちに反応されたのが
川口先生だったのである。

 原典は『青菜』である。
 何だか久しぶりに古典落語がたっぷり
聞きたくなった。

8月 3, 2006 at 07:08 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義経になりました:

コメント

メタ認知的にも関係深い脳のダイナミックな変化…。話しつつ、考えつつ、歩きつつ…と、毎日の生活の中で、脳は個人差こそあれ、変わってゆく。その変わり行く脳のプロセスを、私も外側からみるようになれればよいなあ、とは思うが…。

ここんとこの茂木先生は、何だか名古屋にえらい縁があるみたいだ。名古屋が先生を「カモーン!」と招いている、といった感じかな。

源義経、といえば…平泉を思い出す。平泉と言えば中尊寺の金色堂が浮かんでくる。奥州藤原家4代の黄金伝説で有名だ。

奥州藤原家と共に義経は、家族とともに命を落とした…。

平泉で義経は死んだ。いや、モンゴルへ渡ってジンギスカンになった、などといまだに伝説の多い男だ。

壇ノ浦の決戦から平泉での死まで、義経の脳はどんなふうに変化していったのだろうか。

彼が伝説の彼方へ消え去ったいまとなっては、それを調べることは最早出来ない…。

後に義経を死へ追いやった兄・源頼朝は後年、落馬がもとで死んだ。これがきっかけで、源氏の嫡流は滅びて行く。

それはそうと、古典落語を私も聞いてみたいものだ。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/08/03 18:52:43

「暗黙知を言語化し、普遍的なものに接続し説明できるようにするのが有意義なこと」
茂木先生の書いたものを読むと、そうそう、そうなんですよねと、
共感できたり読んだあとすっきりしたりするのは、
そういうことに心を砕いてらっしゃるからなんですね。

自分のちょっとした書きこみでもあとで見返したりすると、
もうちょっと違うこといいたかったんだけどなア。。と思うことしばしばで
うまく言葉にできないことを説明できる先生は、すごいとしみじみ思います。
わたしもそちらの能力をすこし鍛えなければ。。。

落語はよいですね。たまに母のお供で聞きにいくくらいですが
いろいろ聞いてはいても、題目とお話が一致しているのは『丑ほめ』とか『時そば』くらい。
先生のお気に入りはどなたなんでしょう。
前にちらっとでてきましたっけ・・
『青菜』が気になります

投稿: | 2006/08/03 12:32:16

名古屋は暑いですよね?
新幹線・タクシーから降りると、強烈な暑さに驚きませんか?

確率的な記述を超える ことは、
類まれなる才能もいると思うのですが、
「欠点を乗り越えるきっかけ」は必要な気がします・・

にわとり と 卵 のように(?)、
認知 と 性格 はどちらが先なのでしょう??

落語は父が好きでした。
私が高校生の頃、英語の女性教師を
古文の男性教師と漢文の男性教師が取り合っていた(?)ことを
思い出しました。
浅はかな私。

投稿: | 2006/08/03 11:18:54

コメントを書く