« 自分自身を救うために | トップページ | 許容しあうことで犬は人間の最良の友になった »

2006/08/20

短いご挨拶

東京フィルハーモニーのこども音楽館は
とても楽しかった。
 
 なにかが起ころうとしている、
バックステージの雰囲気がとても好き。

 チョン・ミュンフンさんの指揮も
言葉も愛に満ち、
 富樫香織さんの
ディレクションは的確であった。

 モーツァルト君が舞台に
出ていって、
 実は夜の女王くんやパパゲーノ
君だったことがわかった時の
客席のどよめきが心地よかった。

 パパゲーノを熱演された晴雅彦さんには、
ステキなプレゼントをいただきました!

 打ち上げもそこそこに
家に帰り、
 もはや徹夜モード。

 飛行機の中で眠るから、
まあ、いいか。
 仕事1、仕事2、仕事3、・・・
と順序数で片付けつつ、
 仮眠するタイミングを逃しつつ
ある模様。

 このブログを書き終えたら、
もう次の仕事にかかります。
 
 ロシアのホテル(サンクトペテルブルクのAstoria)は
インターネットが通じる模様。
 関係者の方々、ご安心ください。

 では、仕事をして、それから
行って参ります。

8月 20, 2006 at 03:02 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短いご挨拶:

コメント

昨日は、音楽の豪華リゾート体験をありがとうございました。
予告どおり、コンサートのレポートをトラックバックさせて頂きましたので宜しくお願い致します。

CDに描いて頂いたフラワーピッグくんは、スーフィーの旋廻舞踊、ダーヴィッシュのように天と地をつなぎながら、モーツァルトとダンスしています。そちらではコサックダンスでしょうか?
充実した時をお過ごしになれますように。

投稿: カレージア | 2006/08/20 15:34:40

茂木さんは、今ごろは飛行機の中で夢の世界に入っているのだろう…。目覚めた時に飛行機が無事に着いたら、東京とは違った世界が目の前に開けてくるに違いない…!

ロシアも国内でチェチェン問題など様々な問題を抱えているけれど、何処の国も何らかの問題を抱えているんじゃないか。

それにしても、サンクトペテルブルクは東京なんかよりも美しい都だろうなぁ。写真やTVの紀行番組でしか見た事がない、長い歴史を刻んだロシアの古都。茂木さんもキット、この街の歴史的建造物をその澄んだ眼にダイレクトに刻むのだろう。

現地からのお便り、楽しみにしています。それでは、お気をつけて!

投稿: 銀鏡反応 | 2006/08/20 11:01:32

コメントを書く