« 実際カントやハイデガーはそういうことをやっていた | トップページ | 脳と数学 »

2006/07/30

「夢の超特急」が日常と化す時

ヨミウリ・ウィークリー
2006年8月13日号
(2006年7月31日発売)
茂木健一郎  脳から始まる 第16回

「夢の超特急」が日常と化す時

抜粋

 大学生になって、一人で食堂車に行き、なつかしいその味に再会したことがある。ビールも注文し、「私も一人前になったんだなあ」という感慨にふけったものだが、その食堂車も今はなくなってしまった。
 新幹線で売っているアイスクリームも、楽しみの一つだった。子供の頃、乳脂肪分がたくさん入った「高級アイスクリーム」は珍しく、新幹線の中でお姉さんが籠に載せて売りに来ると、買ってくれないかなあ、とドキドキしたものである。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

7月 30, 2006 at 09:44 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夢の超特急」が日常と化す時:

コメント

コメントを書く