« (本日)茂木健一郎 トークショウ | トップページ | ニューロンの回廊 金森穣 »

2006/07/02

美術解剖学 金森穣

東京芸術大学 美術解剖学 
Lecture 8
金森穣

NOISM ー身体表現の方法論と可能性ー

新潟本拠の日本で初めての画期的なダンス・カンパニー
NOISMを率い、今世界的に注目される
コンテンポラリー・ダンサー&コレオグラファー、
演出家の金森穣さんをお迎えし、身体表現の方法論と
その可能性について語っていただきます。

2006年7月2日(月) 
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

聴講歓迎!

http://www.geidai.ac.jp/access/ueno.html

7月 2, 2006 at 09:54 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美術解剖学 金森穣:

コメント

コメントを書く