« (本日)水戸芸術館 「ライフ」展 Opening Lecture | トップページ | クリストのやわらかい手 »

2006/07/22

「ほら、やっているよ」

水戸芸術館の高橋瑞木さんから、
「10時のスーパーひたちに乗ってください」
と念を押されていた。

 家をでるのが微妙な時間になったので、
タクシーならば絶対間に合うだろうと
手を挙げた。

 運転手さんが、高速の方が早いという。
ヘンだなあ、と思ったが、
プロなんだからと思い直して、
お願いしますと言った。

 私の家から上野を結ぶと、高速は外れている。
それでも遠回りしてでもそっちの方が早い
ということもあるかもしれない、プロなんだから、
と思って、バックシートで黙って仕事をしていた。

 ところが、なかなか高速に着かない。
時刻は過ぎていく。
 高速に乗ったら、今度は渋滞。
 運転手さんは無言。
 あれ、高速を降りたぞ、
と思ったら、
 なぜか神宮外苑のあたりを
走っていた。

 素直に下を走っていれば、今頃
文京区のあたりだったはず。

 参ったなあ、と思いながら、
高橋さんにメールを送った。

 高橋さま

本日、何卒よろしくお願いいたします。

まずはお詫びを。乗ったタクシーがわけのわからない
人で、変なルートを通って渋滞にまきこまれ、
おそらく10時のスーパー日立に間に合いません。
10時30分のでいきます。すみません。
(今皇居のあたりです)

また、今日は、「パワーポイントなしで」自由に喋った方が
良いという考えに変わったので、
そのようにご用意いただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。


茂木健一郎拝

 危機管理の鉄則は、最悪の
事態を想定して心の準備をしておくこと
だと思っている。
 もう間に合わない、と開き直って、
仕事を続けたが、なんだか腹
の底がぷすぷすとくすぶっている。

 ああ、これは久しぶりにバランスを
崩しそうだな、と思った。

 上野駅で降りる時文句の一つ
も言おうと思ったけれども、
 ミスジャッジメントは意図的なもんじゃ
ないんだからと、 
 黙ってお金を払い、
 しおれた気持ちで30分遅れの
切符を買った。

 それでも、10時の特急に乗りたいと言って
いたのに、運転手さんが説明も侘びも
しないのは、どうかと思った。
 おそらくきまりが悪かったのだろうけれども。

 何となく阿房列車が読みたくなって、
上野駅の構内の本屋で探したら、
新潮文庫のがあった。

 『第一阿房列車』の表紙では、
百けん(門の中に月)先生が
鉄道の制服、帽子をまとい
しかめ面で「はと」のヘッドマーク
の後ろに写っている。
 その写真を見たら、
 「ほら、やっているよ」と
何だかほんのりと笑ってしまって、
 それで精神の
 バランスは戻った。

 でも、念のため、
心の平穏のために苺チョコレートと
スターバックス・ラテを買った。

 この日記は基本的に明るいことを書こう
と思っているが、
 私だって人間、いろいろな苦りはある。

 今朝は百けん先生のお姿が悪魔払いを
してくださった話をご披露した次第。

 フレッシュひたちは動き出した。
 水戸では元気にやることにします。

7月 22, 2006 at 10:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ほら、やっているよ」:

» 崩壊する文化財周辺 トラックバック 御林守河村家を守る会
[続きを読む]

受信: 2006/07/22 12:29:11

» 新訳・星の王子様 トラックバック 花華便り (ハナハナ) アートフラワー(上質造花) プリザーブドフラワー ウエディングブーケ コサージュ ディスプレイ 店内 オフィス装花 インテリアフラワー フラワーアレンジメント講習会
定休日の昨日(以前ブログにも書いた1日の四分の一だけが本当の休暇)、普通ならダンスのレッスンのはずが、スタジオ移転のため、お休みでした。 さて、何をして過ごそうか?そうだ、あの茂木さんが悪魔祓いになったとう”阿房列車”を読んでみよう~、と思いたち本屋...... [続きを読む]

受信: 2006/07/25 20:33:03

コメント

>この日記は基本的に明るいことを書こう
と思っているが、私だって人間、いろいろな苦りはある。
そこがいいのです!人間くさい茂木さんを感じるからクオリア日記についつい訪れてしまうんです。

私も自分のブログは楽しいこと、前向きなことだけ書きたいと思っていますが、時々チラリと本心が出てしまいます。楽しいことばかりじゃないやい。

でも基本は前向きに頑張りましょう!楽しみましょう!!
お体お大切に。

投稿: m-tamago | 2006/07/24 12:43:45

すべては、うまくいっている    果てる日まで

   陰は陽への道すがら   大らかに捉え

         そう 思える日と  思えない日と
  

回り道は、気付きの宝庫  何? なに? と 心 ひらく

@ タクシーに乗ったとき 特に 意志は、しっかりと
              タクシードライバー  それぞれに 技持ち キャリア

  

投稿: 一光 | 2006/07/23 7:39:46

 健一郎さま

 (今はもう東京に戻られて、すやすや夢の中でしょうか)

 フレッシュひたちで、苺チョコレートとスターバックス・ラテで
リフレッシュして、水戸では元気に過ごされましたように。

 まんまる可愛い、ちょっと肥えとるまことちゃんの、
ぷすぷすしたり、しおれた気持ちなど、暗いこと満載の
“裏クオリア日記”があったら、読んでみたいと思ったりも
します。

 いつ来るかわからない、来ないかもしれない“茂木列車”を、
私はここで、いつまでもお待ちしております。

投稿: 龍神 | 2006/07/23 4:31:22

個人タクシーの審査は、10年以上のキャリアや資金が必要で、とても厳しいものだそうです。きっとハズレないと思います。個人タクシーに乗ってください。

投稿: kikukawa | 2006/07/23 2:26:24

今日は楽しかった!!そのひと言です。
 帰りスターバックスに立ち寄り、鼻歌歌って帰りました、なんだか気分良かったんです。
 時々、目をパッと開ける時の表情が印象的でした。
 ありがとうございました。
 一言お礼言いたくて、メールを書きました。
 
 

投稿: 智美 | 2006/07/23 0:39:58

今日は楽しかった!!そのひと言です。
 帰りスターバックスに立ち寄り、鼻歌歌って帰りました、なんだか気分良かったんです。
 時々、目をパッと開ける時の表情が印象的でした。
 ありがとうございました。
 一言お礼言いたくて、メールを書きました。
 
 

投稿: 智美 | 2006/07/23 0:38:50

今日は楽しかった!!そのひと言です。
 帰りスターバックスに立ち寄り、鼻歌歌って帰りました、なんだか気分良かったんです。
 時々、目をパッと開ける時の表情が印象的でした。
 ありがとうございました。
 一言お礼言いたくて、メールを書きました。
 
 

投稿: 智美 | 2006/07/23 0:37:01

水戸芸術館の講演会に行きました。
かぶりつきのまん前に座り,よく見よく聞きよくうなずき、よく笑い、最後のほうは心地よさに、まるで子守唄のように聞こえて眠くさえなりました。
もちろん、今日のテ-マ、「心を震わせる表現とは何か」または
人間にとって本当の芸術とは何かとゆう茂木さんの愛あるメッセージは聞き漏らしてはいません。
四人の若者の質問とその答えもよっかったです。
ありがとうございました。

投稿: KUSAFUMI | 2006/07/22 21:20:05

こんばんわ~本日、水戸芸術館にて講演拝聴させて頂きました!!入っていらした時テンション低そうと思っていたら、なるほどそんな事件があったのでしたね~お疲れ様でした!!
プチいらいら事件でしたね…事故らず無事着いたことだし、
そんな日もあっていいかな?!
私は、2列目先生から見て左側1列目はカメラが回っていましたよ~それを覗き込んだり先生と目が合ってどきっとしたり…愉しかったですぅ!質問は恥ずかしくてできず残念でしたが、お会いできただけでとっても嬉しかったです!また、ここ遊びに来させて下さいね♪それでは、今夜も脳活性化の為に質の高い睡眠が取れますように…。
こんな投稿公開されちゃうのかな?

投稿: 遊水(ゆみとも読む) | 2006/07/22 18:26:57

お久しぶりです。と言っても憶えていらっしゃらないと思いますが。東京から岩手に帰ってきてあっという間に1ヵ月半経ってしまいました。10月に芸大の講義が再開されたらぜひともまたお伺いしたいと毎日コツコツ頑張っております。

車の移動は、渋滞があったりすると時間が読めなくて大変なのですね。タクシーの運転手さんも謝った方がかえって気が楽になると思うのになぁ。新しい人だったのでしょうか。

今回ついコメントしてしまったのは「あ、スターバックスラテだ!」と思ったからです。5月に東京へ行ったとき、夜行バスだったので朝に東京駅について、最初に口にしたのがスターバックスラテでした。個人的な感想ですが、すごく美味しかったので印象的でした。それが茂木先生の心の平安を保つ一助になったのかと思うと嬉しいです。
それでは失礼いたします。お体に気をつけて。^^

投稿: 葭原 香織 | 2006/07/22 16:57:09

早朝にみかけていた記事へのリンクがみつからないので,確認できなかったのですが、
たしか、「約束を守れなかったら、料金を返却する」という
サービスをするタクシー会社が現れたそうです!!
-----
ロンドンのタクシー・ドライバーさんたちは、プライドかけて
休日はバイクで道をおぼえるとかいう話を読んだ記憶が
ありますが.... \(^o^)/

投稿: Kimball | 2006/07/22 16:12:41

もーぎちゃん!もーぎちゃん!わーっしょい!わーっしょい!
って感じで、『もぎちゃんおみこし』つくってかついで、
応援したい気分です。

おいしいふかふかの白いケーキをいただきながら、そう思っています。

投稿: 平太 | 2006/07/22 14:27:47

あらら!茂木さん、10時のスーパーひたちに乗るはずが、タクシーの運転手の手違いで、また乗り損ねてしまったのか。

う〜ん、その運ちゃんはしょーがないやつだな。
そんな運ちゃんのせいで、ぷすぷす爆発しそうになっている茂木さん。でもラテと内田百けん(門(もんがまえ)に月が入る)先生のおかげで、「ドカン!!」状態にならなくてよかったね。

10:30から乗ってもひょっとしたら、十分間に合ったかもしれないね。

ところでーー。
芸術することと生きることは、それに人生を捧げたものにとっては分ちがたく一つになっているのかもしれない。

我々のように普通に生きている人たちと、芸術に人生を捧げた人たちにとって、人生と言う言葉の意味合いの違いは如何いうものなのだろうか。

単に濃ゆい、薄いという「人生の濃度」の違いのほかにどんな違いがあるのだろうか??
人間としての基本的存在の価値は、ドチラも同じなのだが...。
よく、(スカでない)芸術家のほうが、人生を濃く生きてきているのではないか、とぼんやりと考えている。
安っぽい芸術家たちほど、普通の人と同じか、あるいはそれより人生を薄く生きているのではないか、とも考えている。
けれど、自分におぼろげながら分かるのは、そんな普通人と芸術家の人生の“濃度“の差ぐらいだ。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/07/22 12:49:20

水戸のお仕事は無事に済みましたか?

〔なんだか腹
の底がぷすぷすとくすぶっている。

 ああ、これは久しぶりにバランスを
崩しそうだな、と思った〕

日常の納得いかない出来事で、自分が壊れそうになる時ってありますよね。ふふ、茂木さんでもこういうことがあるんですね。なんとなくニンマリ。精神のバランスを崩すと、体調も崩れたり...お忙しいのですから、お体ご自愛くださいませ。

投稿: フ~シャン | 2006/07/22 12:29:47

この錯覚の謎は脳科学にも関係しているでしょうか?(ご覧になった事ありますか?)

http://www.johnsadowski.com/2006/06/spanish-castle-magic.html#

色々と大変そうですが、頑張って下さいね!

投稿: 朝 | 2006/07/22 12:05:36

百鬼園先生のお写真には
悪魔払いの効用もあるんですね。(笑)
タクシーの運ちゃんは若いかただったのですか。

ライフという響きと、ポスターの水色部分の横顔、なにか頭にあると思ったら、
昨日朝日の夕刊で見たのでした。

スタバではラテばかりです。
講演がんばってください。

投稿: M | 2006/07/22 12:00:38

お疲れさまです。大変でしたね。
私だったらタクシーの運転手にめちゃくちゃ文句を
言いそうなのに、こらえた茂木さん、やっぱり大人ですね。
精神のバランスが崩れること私もよくあります。
この数日もそうでした。茂木さんが即座に精神のバランスを
取り戻したこと、本当によかったです。
講演も成功なさるでしょう。
いろいろあるけど、ファイト!です。
自戒をこめて。

投稿: リリアン | 2006/07/22 11:21:44

コメントを書く