« イギリスのパブから学ぶ田舎に必要な「インフラ」とは? | トップページ | 東京芸術大学 美術解剖学 »

2006/07/09

イギリスのパブから学ぶ田舎に必要な「インフラ」とは?

ヨミウリ・ウィークリー
2006年7月23日号
(2006年7月10日発売)
茂木健一郎  脳から始まる 第13回

イギリスのパブから学ぶ田舎に必要な「インフラ」とは?

抜粋

 イギリスのパブについては、鮮烈な思い出がある。一番最初に訪れた時、南イングランドの田舎を歩いた。見渡す限りの緑の丘陵が広がる中、延々と歩行者しか通らない細い道が続く。見晴らしの良い丘の上には、「今は亡き妻メアリーの思い出に捧げる」と記されたベンチが置かれ、赤いポピーの花が風にやさしく揺れていた。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。

http://info.yomiuri.co.jp/mag/yw/

7月 9, 2006 at 09:50 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリスのパブから学ぶ田舎に必要な「インフラ」とは?:

コメント

コメントを書く