« 週刊朝日 林真理子×茂木健一郎 対談 | トップページ | 対談   河合隼雄 × 茂木健一郎 »

2006/07/06

がんばりや

きっと、私は「がんばりや」
の方なんだと思うが、
 またもやカラスがカーの時間に
起きて、コーヒーを淹れている
時にふと思い出したのが、
 幼稚園の時のことである。

 私は今でも字が汚いけれども、
当時、ひらがなを練習していて、
ある日先生に「もっときれいに字を書きましょうね」
と言われて、
 「そうか、字はきれいに書くもんなんだ!」

 はっと我に返って気付き、
一枚の紙に何回も何回もひらがなを
書いていたら、いつの間にか
 休み時間になって、みんなは
外で遊び始めたけれど、
 私はひたすら書き続けて、
先生に「もぎくんがんばるね」と言われて、
またはっと「そうか、おれはがんばるんだ」
と思った記憶がある。

 そんなことはずっと忘れていたんだけど、
今朝コーヒーを淹れながら思い出したというのは
何か意味があるのかもしれない。

 朝7時30分、NHK。
 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
打ち合わせ。

 朝早い打ち合わせは、何だか
「仕事をしている」という感じがして
さわやか。

 有吉伸人チーフプロデューサーに、
「有吉さん、ワールドカップのイタリア対
ドイツの試合、すごかったですね・・・」
と言いかけたら、
 有吉さんが、「頼みます、結果を言わないで
ください・・・」と叫ぶ。

 そうであった、忘れていた。
 有吉さんは、録画していて、それを自分で
見るまでは絶対に結果を見ない、
というポリシーの人なのだった。

 「そんなことを言っても、夕方まで
どこかで結果を見たり、誰かが話題にしたり
しない、ということはあり得ないんじゃないですか!」
と誰かが言うのが聞こえる。  
 しかし、
 有吉さんは、「この人はワールドカップの
話題をしそうだ」という時は気配でわかるんだと
言う。

 それでも、ネタ探しをしようと
思って、夕刊を手にとって、
 「しまった!」
と悶絶することもあるとか。

 打ち合わせは、VTRを見て、
コメントや質問事項を考える。
 大坪ディレクターが、
 「いつの間にか必要な映像を撮っている」
 「天才だ!」
と有吉さんに褒められる。

 収録が楽しみ!

 仕事をしながら、五反田付近に移動。
 駅前の吉野屋で朝ご飯を食べながら、
本を読む。

 研究所へ。

 研究所にいるときは、自分の部屋に閉じこもらないで、
パブリック・スペースにいることにしている。
 すると、いろいろな人が話しかけてくる。
 大塚まりさんが、未処理の書類を
どっと持っていらっしゃる。

 夏目哲さんが、案件を持ってこられて、
議論する。

 関根崇泰が、わらわら近づいてきて、
議論をふっかけてくる。

 そうこうしているうちに、やろうと
思っていたことを積み残したまま、
 ミーティングの時間に。

 ミーティングが3件続く。 
 そのうち一つはEEGについての議論。

 今日も一日が過ぎていく。

 風邪は、大分良くなった。

 カラスも、大分かあかあ言ってきた。

7月 6, 2006 at 04:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばりや:

» 「宇宙船地球号」山本敏晴さんのお話 Part2 トラックバック Little Tree
先日ご紹介した山本敏晴さんが、6日に学校保健会総会都築支部で講演をなさいました。 一般公開はないとのことでしたが、問い合わせたところOKをいただきました。 体格のがっちりとした、けれど温和に見えるお姿と、 お話になる内容のキビシサとの間のギャップは、 向き合っていることの難しさと大きさを物語っていると痛感しました。 演題は「世界で一番いのちの短い国から 今、世界に目を向けること」でした。 �... [続きを読む]

受信: 2006/07/07 16:35:07

コメント

そういえば、先日PTAのバス旅行で
NHKのスタジオパークの見学と
表参道ヒルズに行きました。

ちょうど有働さんと男性のアナウンサーの方が
「スタジオパークからこんにちは」のリハーサルを
していらっしゃいました。

黒いジャンパーを着たスタッフが、たくさん働いていらして
意外に、そのなかに女性の姿が多かったのが印象的でした。

遠くに鳥のさえずりを聴きながら…

「open mind 」「open space 」「…to the future」

・・・という言葉が浮かびました。


いろいろな方とお話しすることは、とても楽しく
とても大切なことのように感じています。


「がんばりすぎずに、がんばりましょう!」って

私は、いつもこころで唱えるようにしています…

やっぱり『自然体』ってことなのかもしれませんね…

投稿: TOMOはは | 2006/07/07 6:39:06

がんばりやって嫌いなんだけど、

茂木さんは超人的なんで、

好きとか嫌いを超えてます。

うらやましいというのもこえた才能。

才能というより、実践ですね。

禅的です。

投稿: つぶやき | 2006/07/07 1:52:03

風邪の症状も大分よくなられたようで。
烏といえば、うちの職場の近くでもカラスがかあかあ!かあかあ!とかしましく鳴いております。

幼稚園時代から茂木先生は頑張りやさんだったのか…。それはいまでも変わらないようですね。風邪をひいていても多忙なスケジュールを徹底的にこなされるのですから…。僕等は心配するけれど、風邪のウィルスの力を上回る茂木さんの仕事力が、風邪を吹き飛ばしつつあるのでしょう。

あす7日はまた朝カルにおじゃまします。
それでは!

投稿: 銀鏡反応 | 2006/07/06 19:02:49

茂木先生、
お体には十分お気をつけください。
一日だけでも、たっぷりと睡眠をとると、
心身がすっきりします。

投稿: 河村隆夫 | 2006/07/06 15:10:52

茂木さんて、ほんとに小さな時から

素直だったんですね。

素敵なチビちゃんですね。

そして、大人になった今も

いいと思ったことは、どんどん

自分の中に取り込んでいらっしゃって

自分を限りなく開こうとしていらっしゃる。

その生き方が、人の心をうつんだな

と思いました。

それにしても、こんな茂木さんを

育てられたお母様は

どんな方なのだろうと、

いつも思ってしまいます。


投稿: mori | 2006/07/06 11:30:51

状況の変化、心、感情、気持ちの変化、微妙な変化動きを含め、的確に感じ取っている恐るべき、お子さまでったのですね。

それに対する表現がある・・・ということではっきりとその対象について自覚し理解力が深まったのだなと思います。

そういったものを察したり、感じたりする能力はいわゆる机の上の勉強以外では、虫を観察したり、言葉でわからない自然(ちいさな自然でも)の揺らめき、変化を観察することで深まるのか、と思います。

投稿: 平太 | 2006/07/06 10:55:56

申し訳ない  故郷の特権 いま 鶯の声

早朝よりの  ご活躍 頼もしく存じ上げます。

投稿: 一光 | 2006/07/06 5:42:36

かあかあ
いってますね。
ぴよぴよも聞こえます。

字のお話。
茂木さんはやはり小さなころから頑張り屋さんだったんですね…

フランス対ポルトガル、休憩中です
昨日の試合は、ほんとうに感動しましたー
さいごまでお互い攻め続けて。準決勝にふさわしい戦いでした。
ありきちさん、おもしろいですね。
家にかえるまで大丈夫だったんでしょうか…。

お仕事中にしつれいしました。頑張ってください

投稿: M | 2006/07/06 5:02:30

コメントを書く