« (本日)美術解剖学 金森穣 | トップページ | 金森穣 NOISM ー身体表現の方法論と可能性ー »

2006/07/04

だから、取り敢えずは

 風邪は悪化したが、
朝からアポイントメントが
いろいろ入っており、
寝ているわけにもいかない。

 芸大に向かう時、大粒の雨が降り出したが、
大浦食堂に着く頃には晴れ上がった。

 降水の後の青い空が好ましいのは
なぜなのだろう。

 金森穣さんは移動中。
どこかから、芸大を経由して今日は新潟に
戻るという。
 
 授業は、途中から会場との対話に。

 服を着るかどうか、着るとして、
日常性を帯びるものかどうか?

 様々なダンスの「ジャンル」という
認識と個々の振り付け師の個性の
知覚の問題。

 日本とヨーロッパの「劇場に行く」
という文化の日常の所作としての
定着の違い。

 朝10時から夕方6時まで、
毎日ひたすら鍛錬を繰り返すこと。

 金森さんのお話を聞いていて
思ったのは、思考する者も実は
内面において不可視のダンスを踊っている
のではないかと言うことだった。
 
 身体を動かさない数学者も小説家も思索家も
恐らくは脳髄の中で一つのダンスを踊っている。

 外のダンスと内のダンス、それを結びつけ、
補助線を引き、新しい視点で見ることができたら。

 金森さん、お忙しい中、学生たちの
ためにありがとうございました。

 17日は海の日だし、来週は
所用があり、美術解剖学の授業を
秋までできるかわからない。

 できたとしても、上野公園での飲み会が
開けるとは限らない。 

 あったとしても、私が参加できるかどうか
わからない。

 だから、取り敢えずは秋までは最後だと思って、
公園の薄暗がりに皆が散らばって談笑している
様子を見ていた。
 

7月 4, 2006 at 06:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから、取り敢えずは:

コメント

 風邪が悪化されたからだと思うのですが、日記も、なんとなく
お元気がないように感じてしまいます。
 たまごのおかゆだとか、のどの痛みにも優しく、おすすめです。

 ぎゅうぎゅうのスケジュールを風邪をひいたお体で
こなされるのは、どんなにか大変だろうと思います。

 「茂木さんの風邪が早くよくなりますように…」と、風邪には
3年無敗のバカな私が、遠くから祈っております。

 おしら様に行ってくる!まだ行ったことがなかったんだ!
 何だろう?急に思い出したぞ。おしら様に呼ばれたのかな…?

投稿: | 2006/07/04 19:32:47

美術解剖学の授業がこのまま無くなってしまうのだろうか?まぁ自分も毎日参加出来るわけではないのだが、しかし、未来を背負う若者達の為に、この授業はやはり続けていっていただきたい。

このエントリーに、数学者も、絵描きも、物書きも、思索家も、脳の中ではそれぞれ一つのダンスを踊っている、とあるが、私はそれを納得できる。自分も何かを考えている時、脳内で自分の「分身」がダンスを踊っている、と感じることがある。

服を着るという日常の所作にも、実は深い意味がかくされていたり、其々のコレオグラファー(振付師)の個々の認識の違いなど、
舞踏の世界もきわめて奥深い。

閑話休題。

茂木先生、風邪が悪化したそうですが、お仕事をなさるにしろ、決して無理or無茶を為さらないよう、本当にお気をつけてくださいませ。

風邪をこじらせると最悪の場合、命に関わります。重ねて申し上げますが、何卒ご自愛のほどを。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/07/04 18:08:14

 芸大での講義、聴講させていただくたび刺激を受けています。(にわか雨や大風など、上野では天候の刺激もなかなかです。)
席に座るのはかなり恥ずかしい、、、のですが、帰り道々いつも聴けてよかったという思いでいます。茂木先生の設けてくださるこうした機会の内容を反芻するのは、日常ぼんやりと抱えていることにつながったり、他にもいろいろ…、とてもありがたいです。
昨日の金森譲さんのお話、私には姪がいるのですが、ズリ這いから立って歩き始めた頃の姪の心の躍動はこんなだったかしらん、と思いました。「体がすでにもっている動き(けれどまだ現れてはいない)の可能性を追究する」「考え方を変えることで動きもひらかれていく」と金森さんが話してくださったように、からだの動きが変わることで世界が変わるという喜びが、ぐるぐる走り回っている子どもの心にあふれているんだろうな、と思います。(私はコワイダンスをしてみよう…。ちょっぴり脳髄にもつながってくれることも願いつつ。)

風邪しんどそうですね。
私も治ったばかりなので、老婆心ながらお勧めすると、こまめの肌着替えと生姜湯(かシイクワァーサー)を飲むのは、この時期の風邪をやり過ごすのによかったです。
特に、日中、面倒でも、水気を絞ったタオルで汗を拭いて、肌着をとりかえるとかなりしのぎやすくなります。あまり大仰なことになると差し支えもあるかもしれませんが、できる範囲でちゃちゃっとされるだけでも結構さっぱりします。ただ荷物が増えてしまうのがどうかなという気もいたしますが…。早く治るとよいですね。

投稿: | 2006/07/04 14:51:28

茂木先生、お風邪の具合はいかがでしょうか?

いつもいつも目いっぱいにがんばって、ブログの向こう側で走っていらっしゃる先生を尊敬しています。

お体が大変な時も、どんなにご多忙な時も、見えないブログの
聴衆に温かいまなざしをいただき、多面的な考え方を教えていただき感謝しております。

ありがとうございます。


投稿: | 2006/07/04 9:17:59

コメントを書く