« 無限に向き合うためのレッスン(自己批評文演習) | トップページ | 無意識耕作 »

2006/06/06

ニューロンの回廊 公式ホームページ

BS日テレ 『ニューロンの回廊』
公式ホームページができました。

6月 6, 2006 at 07:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューロンの回廊 公式ホームページ:

コメント

茂木先生
おーりとーり。昨日のホテル日航八重山での講演お疲れさまでした。石垣島が好きで10回も来ているとは、島内の人はだれも知りませんでした。でもそんなに沖縄を愛して頂き感謝です。セミナーの内容も、心を整え、夢、目標に向かって、絶対諦めない姿勢を貫く事。How toではなく、自分の思いから他は発生してゆくとのメッセージ。深かったです。ありがとうございました。私は日本の最南端の沖縄のさらに南の島の石垣島で小さな窯元を営んでおり、今、フランス・パリで行われる世界一の見本市、「メゾン・エ・オブジェ」に出展、挑戦し続けております。ヨーロッパで石垣焼を通して沖縄を有名にして行く、夢を持っています。いつか石垣焼をパリで販売したい。そんな夢ですが、昨日のセミナーで元気が頂けました。頑張ります。所で茂木先生もたまには体験陶芸に来て下さい。沖縄は海ばかりではありません。お待ちしております。
http://www.ishigaki-yaki.com

投稿: 石垣焼窯元 金子晴彦 | 2011/10/17 10:54:57

茂木先生。
初めまして。
コメントとはおこがましいですが、私は理学療法士であり、認知運動療法の学会にて先生の講演をお聞きし、とても世界が広がり、この興奮をどうにか文章にしたいと思っておりました。先生が言われるクオリアに、私の中の理学療法士の感覚に邀撃を与えたものでした。(使い方間違っていますね‥)

その興奮というのも、私は今、在宅にて生活されている8歳のお子さんを担当していますが、その子は生まれてこの方自分の体を重力に逆らって動かしたことがなく、人工呼吸器をつけています。親御さんの思いでベット上ばかりで天井しか見えない‥と、天井に鏡を貼っておられます。気切されているので声も出せず、欲求さえも伝えられません。知能の遅れも若干はありますし‥

先生の講演の後ずっと考えていました。その子の脳の中の世界はどんなであろうか。またそこから、その子の世界が広がる為には何が必要なのか?を脳科学の面から‥と思いましたが、まずは脳科学から勉強しないと‥と思い、早半月経ちました。

今後の最大の目標はコミュニケーションの確立と思いますが、その為には知能↑も同時に必要かと考えています。視覚的には体のイメージはある(よがんだイメージ?)が、体性感覚からの入力はとても少なく、その中でどのように統合され、かつ記憶されているのか‥(知能↑には感覚統合は勿論必要ですが)と考え始めるとやはり自分の脳がシャットダウンしてしまいます。1つの原因としては勉強不足なのは明らかです。

自分に負けることなく、頑張ります!
何のコメントやら分からなくなりそろそろ脳がシャットダウンしてきましたので失礼致します。
乱文で申し訳ございませんでした。

9月に熊本での茂木先生の講演があるとお伺い致しましたので、それを楽しみに、頑張ります!!

最後にまたおこがましいのですが、出来ればコメントの公開は避けさせて頂ければ、嬉しく思います。

投稿: 上原恵理奈 | 2006/07/28 17:27:24

楽しそうな番組ですね。
次は清水さん、見てみたいなあ。

茂木的世界初心者のわたしは、
メタ認知、メタってなんだろう?
と思っていたので、
HPを見て、茂木先生の世界観をずばり表した言葉なのかなとわかってよかったです。

投稿: M | 2006/06/06 13:34:43

コメントを書く