« 森閑たる風情がしっとりと | トップページ | メールについて »

2006/06/11

ブルーなり。

 行けると思って走ったのだが、
 中央線のホームから2分で
新幹線に乗り換えるのはやはり無理だった。

 目の前でドアが閉まって後続列車。

 到着が何秒かずれていたのだろう。

 ブルーなり。
 並んで乗った
 自由席にてこれを記す。

6月 11, 2006 at 08:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーなり。:

コメント

先ほど送ったコメントに誤植発見。
「死んでいた可能性」ではなく「死んでいった可能性」が正しかったのです。
確認したはずなのに、申し訳ございませんでした。

投稿: | 2006/06/12 8:34:34

下手のよこずき・・・といいましょうか

近頃、ふと歌を詠みたくなりました・・・

「あの方々」の詩や童話を手にしたからかもしれません・・・


碧き海  空にながるる  雲にのり

    とほき山まで  風のふきゆく

投稿: TOMOはは | 2006/06/12 7:14:01

おはようございます。

あとわずかで予定の電車に乗り損ねた、しかもそれが指定席新幹線だった、という悲劇、
お気持ちお察しします。

「こんなことがあっていいのか」とうようなできごとに、この世は満ちていると思います。

だからこそ、かの「この世は死んでいた可能性で満ちている」という一節にも、至極共感した私でした。

投稿: | 2006/06/12 6:06:16

えーっ、
新幹線自由席での茂木先生の近くの席の方は誰?
うらやましい。
ただのミーハーですよね・・

投稿: | 2006/06/11 13:28:19

茂木先生へ

私も時々、新幹線に乗るので、全く待ちが無くスムーズに乗車出来る時は運の良さに安堵しますが、タイミングが悪く、乗る直前でドアが閉まる時は、ちびマルコちゃん状態になりますね。ザ~ンと縦線が入って・・。

でも、東京から離れると、時間がゆっくり動いている感じがしませんか? 私も、これから静岡に新幹線で行きます。
また、芸大の聴講行けないなぁ。終わる迄に一度行きたい気持ちで~す!

投稿: | 2006/06/11 10:20:48

ああ、惜しかったですね。
2分内の効率を考えて、身も心もじりじりと努力なさったのでは、とお察しします。
私の場合、こういう時は落ち込みブルーを通り越して、ブラックなり、な感じです。
でも、そんな体全体“眉間にシワ”の座り姿勢が、ひゅん、と時速200キロ近いスピードで運ばれていくというのは、自分で思い浮かべてみますとなんだか可笑しいような。。。

かわって、素敵な一日となりますように。

投稿: | 2006/06/11 10:20:38

東京駅2分はきびしそうですね。
十数キロのリュックをしょって走るなんて
神業としか思えませんよう

日記が増えていたので、
茂木先生が少し元気になられたようでうれしいです。

どうして先生のリュックはそんなに重いんですか
パソコン以外にも
大きな辞書とか入っているのかなあ


投稿: | 2006/06/11 9:56:31

 ねえねえ茂木さん、
日曜の朝早く、そんなにいそいでどこいくの?

 日帰りですとか。お気をつけて行ってらっしゃいませ!

 天気もいいし、私は庭の手入れでもするかなー。
あまりに草ぼうぼうで、現管理人(私)のずぼらさが見てわかる
状態…。え~と、どれがなんだったっけ?

 虫がいて、木漏れ日があって、森の匂いがする…
小さな庭での、私のささやかな贅沢です。

投稿: | 2006/06/11 9:34:55

コメントを書く