« プロフェッショナル 仕事の流儀 植村比呂志 (本日) | トップページ | 折り合い »

2006/06/23

Physiologyの喫茶室で

あまりそういうことは
したことがなかったのだが、
ケンブリッジ大学のDowning Site,
Physiologyの喫茶室でHorace Barlowと議論
しているところを、写真に撮ってもらった。

ちょっとセンチメンタルな気分になっていたの
かもしれないけど。

ツーショットの写真は、そんなにないと
思う。

私がいた頃は、おばさんがいて
紅茶を入れてくれたが、
今は自動販売機が置いてあって、
Horaceが飲み物を買ってくれた。

今日、Oxfordに移動する。

6月 23, 2006 at 05:50 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Physiologyの喫茶室で:

» 再会 トラックバック 御林守河村家を守る会
昨夜は、教え子の裁判官殿が官費留学の由、 渡米まえに一献とのことで、帰宅は午前様でした。 教え子の華やかな姿は、手放しのよろこびとともに、 我が身の老いも感じさせます。 先日、高校時代の友人がタイから数日帰国した際に、 彼の歓迎会ということで数人の同窓生�... [続きを読む]

受信: 2006/06/24 8:05:05

コメント

網走でご講演拝聴させていただいた鈴木です。朝の一番忙しい時間に失礼します!俳句、思いつきました!
****もぎたての ate one red cherry 前兆(まえぶれ)や****
闇 闇 闇  夜明けが来るのも あと 少し!*******

7月3日朝。
後で 自分の句評(自己句票?)を送ります!
ポイント
★茂木さんともぎ
★もぎたて、というフレッシュ感、新鮮さ、驚き、嬉しさ、美味しさ
★赤いさくらんぼ、一つ、食べた。・・・英語でリズムよく・。
講演のパンフに抽象的なイメージの「赤」を想像するには個々によって違う、という文があった、さくらんぼを季語として。
★まえぶれや、、、明るい兆しがきます、まえぶれです、Mybrain
私の脳、という感じです。
★にコメの句は、闇(yummy,yammy///おいしい)にかけて
、おいしいから 謎もとけていくであろう、というおもい、。です
では!!!!!茂木様、nご活躍、お祈り申しあげます。
鈴木(7青木)智恵子、(黎明書房、武馬久仁裕社長は俳句ズキです!)

投稿: 鈴木智恵子(著者名青木) | 2006/07/03 7:10:32

りんごのT-シャツとってもお似合いです!
茂木先生の柔らかな表情から、お二人の雰囲気が伝わってくるいい写真ですね。

昨日、「世界一受けたい授業」を拝見しました。
茂木先生とアイコンタクトしたかったです。
次回もあれば、ぜひちらっと見のアイコンタクト楽しみにしております。

投稿: のりたま | 2006/06/25 14:58:16

茂木先生がとても大好きな大人を前に心許して素直になっている、かわいい男の子に見えます。

心からなごんでいる雰囲気を感じます。

静かなひとときなんでしょうか。

ほほえましく、なんだかじわっと来ます。

投稿: 平太 | 2006/06/25 10:34:20

22日のプロフェッショナルを見ました。
脳学者としてどんな思いでいたのでしょうか。

小さいときから手先だけで機械、パソコンを動かし
バーチャルな画面で動きを堪能する。

それが子供たちに健全なものを与えるのでしょうか。
茂木先生はおっしゃいました
「新しい世代にターゲットを置いた素晴らしい戦略」

こんな多感な世代になんでこんなゲームを流行らせるのか?
私ははなだだ疑問です。

私は体育会系なので一言。
このような時代の子供たちには
本当に体験できるものを体験させ、
自分のカラダで全てを感じ取ってもらいたい。
それがカラダにも脳にも
将来に向かって気づかせるものがあるのではないでしょうか。

いつもこの番組を見ていますが
今回はハラが立ちました。

投稿: yuu | 2006/06/24 21:08:16

老練のベテラン学者と極東の島国出身の若き精鋭とのツーショット!彼等の間には、ある意味、とても幸せな時間が流れている。

学校の教室で、生徒が先生に作文を見てもらっている光景に、何故か似ている。

Barlow先生と茂木先生、お二人の表情がとてもいい。穏やかでざっくばらんに見えるのだが、多少緊張感が伝わってくるのがよい。
茂木先生が着ておられるりんごTシャツがけっこう可愛い。
先生の優しそうな中にも、真剣なムードの伝わる表情もよい。

それにしてもBarlow先生はこの写真で拝見する限り、本当にお元気そうなお方ですね。きっとこの方はいつも前向きに生きてこられた方なのだろうな…。現在85歳でいらっしゃるから、当然、あの戦争=第2次大戦も経験されている世代だし…。戦争の惨禍を乗り越えられて、研究生活を前向きに続けられて人々の一人なのに違いない。

それにつけても思うのは、愛育病院時代にお世話になった星美智子先生のこと。

先生が亡くなられたのはかれこれ十年以上も前のこと。ご恩返しをしようとしても今はもう出来ない。

それはともかく、この師弟ともども、長生きしてほしい…と願うのは私だけではあるまい。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/06/24 18:17:50

とてもいい表情で写ってますね。
Horace Barlow氏とイギリスの空気のせいでしょうか。

TVで拝見する時とは大違い。

投稿: フ~シャン | 2006/06/24 0:44:39

素敵なツーショットですね…

日本の皆さんも、先生のうれしそうなご様子を拝見して

ほっとするやら、大騒ぎ・・・かもしれません。

当たり前なのですが、TVに出ていらっしゃる茂木先生が
いま、地球の向こう側にいらっしゃるというのも、不思議なような…

それにしても、意識のお話は、
ほんとうに exciting でしょうね!!

(他の形容詞が思い浮かびませんので…)

投稿: TOMOはは | 2006/06/24 0:04:23

茂木さんのハートビートが聞こえてきそうな雰囲気ですね。
しかし茂木さまお若い!髪の毛も日本にいらっしゃるより活動的で何だか躍動感にあふれてますね!

投稿: アブレオ | 2006/06/23 23:12:11

よいお写真ですねえ

Barlowさんは茂木先生の数少ない理解者のうちのお一人なのですね。
すてきなおじいさまですね

英国でもスケジュールはタイトなのでしょうか。
大変です

投稿: M | 2006/06/23 20:55:59

恩師とお会いできてよかったですね。幸せな時間。
写真、穏やかないい顔なさっていますよ。
私の茶道の先生も85歳。そうは思えないパワフルな方、心から尊敬する方。末永くご指導頂きたい、色々なことをお話したいと願いつつ、毎週お稽古に通っています。

投稿: m-tamago | 2006/06/23 19:36:26

コメントを書く