« 脳に快感 アハ体験! | トップページ | 何よりも美しいと思う »

2006/05/17

茂木健一郎 何が人の心を動かすのか

NHK放送技術研究所
http://www.nhk.or.jp/strl/

2006年5月24日(水)(専門家招待日)
13時〜13時40分 榎並和雅さん講演(NHK技研所長)
13時40分〜14時40分 茂木講演

(講演録画を25日、26日の技研公開で放送)

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/kaichou/2006/05/003.pdf

5月 17, 2006 at 09:44 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茂木健一郎 何が人の心を動かすのか:

» 物欲@書籍 トラックバック 酢豚がすきな社長のブログ
久々の物欲シリーズ@書籍 ・意識とはなにか―「私」を生成する脳 茂木 健一郎 (著) ・ 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 竹内 薫? (著) 茂木さんの本を買うなら、 竹内さんの本も買わないとね。ってことで、ダブル注文。 やっぱり脳関連... [続きを読む]

受信: 2006/05/17 21:33:41

コメント

誰ですか?

投稿: 千歳飴 | 2006/05/18 11:56:06

千歳飴さん いつも 拝見してます。

 茂木健一郎は 揺れる竹薮 粋な談志 ですね。


 

投稿: 空も 海も 人も | 2006/05/18 7:13:25

竹藪が揺れるのを観るとほっとして眠りやすい。逆に竹藪が静止していると張り詰めて嫌な感じがする。脳がココロにどう作用しているのか、空気の流れを視覚化しているのは解る。

投稿: 千歳飴 | 2006/05/18 6:23:39

談志さんが病気になって記者会見を受ける。
「あれっ、師匠。たばこダメなんじゃないんですかっ!」
うまそうにゆっくりすって遠くを見ながら、
「・・・ダメなんだよ」
(普通に味わっている談志さんに記者は反応できない)
ダメだから余計にこの一服がうまくなっている、ありがたくうまいという事ですか・・・、すごい・・・いい大人だ。
「めっちゃかっこいい」
二度と忘れられない男だ。

投稿: 千歳飴 | 2006/05/18 0:35:23

東京弁「認知症治療は方言から始める」
関西弁「ぼけたら方言つかってみる」
実際に、おばあちゃんに関西弁でしゃべったらわからんとかおうちゃく言うなとか誤解されたけど、方言しゃべったら全然ぼけてなかった。むしろ、筋通ってたな。もう少しで寝たきりにする所やったな。すると、ぼけてないのに言葉が通じないだけでぼけてると勘違いされてる人がたくさんいる事になる。ヘルパーは方言使って意思疎通せんと判断間違えるな。でたな。
「よそ者と言う自覚で話を聞く」
相手が怒ってたらよっぽど自分がおかしいから怖がらずに分析する。

投稿: 千歳飴 | 2006/05/18 0:19:46

「関西弁に演技させられている人もいる」
となれば、
「東京弁に演技させられている人もいる」
Q・自分は本当に関西弁をしゃべっているのだろうか・・・?
関西弁に訳すと、
A・ほんまに関西弁しゃべってんのか?
A2・関西人の感覚もってんのか?
Q・ハッタリかましとんのか己は?(怒りと疑問の感情)
ん?気分がよい。ハッタリでは無いようだ。モテようとも思ってない。優越感もない。みえもない。多少恥ずかしい。有る意味まともだ、「困ったら方言を使うことやな」

投稿: 千歳飴 | 2006/05/18 0:01:31

「関西弁使ってる人はモテようとしている。」
おばさんが目を細めて疑う。
(誰がそんな事思うかぁつ!!!!)
おばさんは関西人を疑ってやまない。
どうやって使い慣れない東京弁で本音を言えるんだ、芸能人じゃないから演技できないよ。下手につかうと・・・どうなるんだろうか?何かが起きる事は確かだ。何だ????

投稿: 千歳飴 | 2006/05/17 23:43:20

コメントを書く