« 欲望する脳 第13回 「夢の中ではつながっている」 | トップページ | 「コワイ体操」のチャンスであるぞ »

2006/05/07

新潟入り

『ニューロンの回廊』で6月にご一緒する
金森穣さんの新作を見るため、
 田中ナオトさんと新潟入りした。
 
 新潟駅で花野剛一Pと合流。
ホテルに移動。

 待ち合わせまでのわずかな時間を使って、
仕事をしているなり。

5月 7, 2006 at 03:55 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟入り:

コメント

 『世界にはある―』の続きをここに書きたい気分。
 少し眠って…のつもりが、たくさん眠ってしまって、
素顔(ようするに“すっぴん”ですな)で、地下鉄に乗って
街へ出ました。
 閉店ギリギリにタ○レコに駆け込み、無事、お取り置きの
限定CDを購入(モーツァルト・モードじゃなくてごめんなさい)!

 地下鉄に乗っていて、突然、ハッ!と気付いたのですが、
あるお人はかちゃかちゃお仕事しているらしいというのに、
私は、放心状態というくらい、ボワ~ッとしている…。
 アホみたいに…。それも、口がぽかーんな勢いで。
 素顔でボワ~ッ…。
 「こうしてだんだん人目も気にしなくなっていって、
おばさんになっていくんかな。」と、降りる間際に車内の鏡を
見ると、メイクしている時と大差なし。
 「私、まだまだ大丈夫じゃん!」という、うれしい気付きも
あったのでした。ボワ~ッには気をつけるべし。

  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄
 日記、毎日更新って書いてあるでしょう?
 マメそうな茂木さんが、予告なしに2日も更新しないのは珍しい?
と思い出すたびに、本当に、本当に、心配だったんだよ!
 私が勝手にバカなだけなのだけど。本や、テレビでしか知らないひとの
心配をするなんてさ…。これも仮想のなせるわざか!?
 以上、ちょっと文句でした。許してね。
 心配な気持ちは本物だったと思うんだ…。

 再びご多忙な毎日が始まるのでしょうが、どうかお体大切に。

投稿: 龍神 | 2006/05/08 4:22:57

コメントを書く