« (本日)紀伊国屋ホール 「ひらめきの時代」を生きる | トップページ | フラワーピッグは驚いた! »

2006/05/14

東京芸術大学 美術解剖学 竹内薫 

東京芸術大学 美術解剖学 
Lecture 3
竹内薫

http://www.kaoru.to

日本を代表するサイエンス・ライターであり、ミステ
リー小説や、テレビでの数学解説
などでも活躍し、最近では『99.9%は仮説』がベストセラーとなった
竹内薫氏をお迎えし、全ての芸術表現の背景にある時
間と空間のミステリーについて熱く語っていただきま
す!

竹内薫の「時間と空間:四次元を思い描く方法」

2006年5月15日(月) 
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

聴講歓迎!

http://www.geidai.ac.jp/campus/ueno_campus.html

5月 14, 2006 at 03:55 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学 美術解剖学 竹内薫 :

» 絵を描くこと・・・ トラックバック Little Tree
絵を描くことについて、いま気になっていたり、考え中のことを少しだけ書いておきます。 私が「これは、いいかもしれない!面白そうだ!」と思ったことは kirikou に話してみて、本人が「やりたい」と言ったときには もちろん、できる範囲ですが、挑戦してみようと思っています。 昨年は、IDOBATAで知り合った方がなさっている 「アートピア」という子どもの造形教室に、何度か行きました�... [続きを読む]

受信: 2006/05/15 15:32:48

コメント

茂木先生と竹内薫さんの「時間と空間:四次元を思い描く方法」

ぜひ、じかにお話を伺ってみたかったのですが・・・

また音声ファイルを楽しみにしております!!

今日は、これから近所にある保育施設で
お知り合いの方の、芸大出身のお嬢さんが
こどもの造形教室をお始めになるとのことで
見学に行ってきます。

もうそろそろ、お話が始まる時間ですね・・・

見えなくても、想像できるなんて申し上げたら
コワイですよね~

子どもやお年寄りの絵のお話をTBしますね!

投稿: TOMOはは | 2006/05/15 15:31:08

コメントを書く