« 美術解剖学 重松清 「涙の理由」 | トップページ | それでも春には希望を抱き 風の旅人 第20号 »

2006/05/27

『ニューロンの回廊』第5回 岩井俊雄

BS日テレ
『ニューロンの回廊』 第5回
メディアアーティスト 岩井俊雄

放送 
2006年5月28日(日)・6月4日(日) 20:00−20:54
2006年6月1日(木)・6月8日(木) 19:00−19:54

 今回ドクター・モギが潜り込んだのは、メディアアーティスト:岩井俊雄の脳。
 筑波大学在学中の1985年、映像インスタレーション「時間層」シリーズで、ハイテクノロジー展金賞、さらに第17回現代日本美術展大賞を史上最年少で受賞。以後、様々なテクノロジーを駆使しながら、視覚・聴覚・触覚を刺激する観客参加型のインタラクティブな作品を続々と発表している。
 今回ドクターモギは、感覚の統合を操るアーティスト岩井の脳では何が起きているのか、そして、ユニークな作品を生み出すきっかけとなる「ひらめき」の秘密に迫る。さらにデジタル・テクノロジーを駆使する岩井が、最近子供のために自身の原点回帰ともいえる手作りのアナログおもちゃを制作していることなどから、デジタル感覚とアナログ感覚の違いや、情報過多な現代社会で子供たちの「感覚」は変わったのか?など、興味深いトークも展開していく。

http://www.bs-n.co.jp/shokai/newron.html

5月 27, 2006 at 11:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ニューロンの回廊』第5回 岩井俊雄:

» 木のおもちゃ作りにチャレンジするぞー!! トラックバック 木のおもちゃ作り D´Toy's Factory
3次元CAD(3D-CAD)で素人木工おもちゃを設計製作するサイトです。「あまりお金をかけず」「なるべく簡単に」「動きのある」「子どもに喜ばれる・・・?」木のおもちゃを作ろう!! [続きを読む]

受信: 2006/06/17 1:14:05

コメント

コメントを書く