« 小沢さん、これ何だかわかりますか? | トップページ | 慶応大学丸の内シティキャンパス 夕学 »

2006/04/13

プロフェッショナル 仕事の流儀 中村好文

プロフェッショナル 仕事の流儀 第11回

心地よい家はこうして生まれる
〜建築家・中村好文〜
日本を代表する住宅建築家・中村好文(57歳)。各界の著名人から市井の人まで、ひたすら個人住宅を造り続ける中村。「はきなれたジーンズのような心地よさ」と評されるその住宅は、施主の「人間」を読み解き、理解することから生まれるという。コミュニケーションの達人と呼ばれる中村の家造りの現場に密着する。

NHK総合
2006年4月13日(木)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

4月 13, 2006 at 08:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 中村好文:

» 大連日記~その1 トラックバック いぐぜあまるめ日替わり日記
はじめまして。大連(たいれん)です。今後とも末永いおつきあいをお願いします。自己 [続きを読む]

受信: 2006/04/13 8:57:02

» 今夜は「プロフェッショナル」 トラックバック 御林守河村家を守る会
今夜も茂木健一郎先生の爽快トークを聞けます。 拙著『冑佛伝説』の序文を書いて下さった茂木先生に こころから感謝申しあげます。 プロフェッショナル 仕事の流儀 第11回 心地よい家はこうして生まれる 建築家・中村好文 日本を代表する住宅建築... [続きを読む]

受信: 2006/04/13 9:30:20

» プロフェッショナル仕事の流儀 file:011 トラックバック カメラマン目線な熱狂的マスコミファン
今日のプロフェッショナルは ほんと自分の世界とは違う世界の人。 関わることが無い人から得られる違う世界観。 共通点といえば技術者、手に職を持っているとこかな? 意外なところから面白い教えがあればと思って 興味津々で番組を堪能した。 今回の番組・・・ NHK... [続きを読む]

受信: 2006/04/13 23:29:53

コメント

「食事時間を惜しむほど立派な仕事ではない」
会社人間の男性に聞いて欲しい!

「クライアントでなく家に仕える」
媚びるのでなく、プロのセンスを光らせる!

「雨よけの布からこぼれる陽射し」
雪見障子からの太陽の反射も、優しくてきれいなこと

素敵な方です。思わず頼りたくなってしまう・・

投稿: | 2006/04/15 18:16:13

銀杏を見ています。
私とほぼおなじ年齢の建築家中村好文氏が、
建築予定地のすみに立つ一本の銀杏を見ています。

「ちいさいけど、この土地のぬしのようだな」

すでに彼の脳裡にうかぶ一件の家は、
銀杏の物語とともにあるのです。
彼にはながい時間のながれがみえるようです。
それとともに流れるひとのこころもみえているようです。

「物理的に住むというのでなく、精神もそこに棲むのです」

空想力、それが即ち創造力なのでしょう。
天窓のひかりを布でやわらげ、
あるいは、本好きの家族にちいさなライブラリーを用意する、
そのやわらかいこころ、
ゆめみるようなやさしいこころが、彼の本質のように思います。

彼はプロフェッショナルについてこう言います。
「ある特定の職業をえらんだひとのことをいうのではなく、
 ある特定の職業から選ばれた人のことを言うのだ」

私はどうだろう、これほどの自信に満ちて生きているのか、
同じように50数年生きてきて、
このように見事に言いきれる自信など毛頭ない自分を、
ただただ恥じ入るばかりです。

胸に沁みるような、すてきな生きざまでした。

「プロフェッショナル」ありがとう。

投稿: 河村隆夫 | 2006/04/14 16:43:41

いやぁ~、きょうもたのしみですねぇ、「プロフェッショナル 仕事の流儀」!茂木さんの爽やかなツッコミが毎回楽しみです、ハイ。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/13 19:53:51

コメントを書く