« 日経サイエンス 対談 第2回 福岡伸一 | トップページ | 『ニューロンの回廊』第3回 前田知洋 »

2006/04/29

トーキング ウィズ 松尾堂(本日)

トーキング ウィズ 松尾堂

松尾 貴史
佐藤 寛子
【ゲスト】高嶋ちさ子 茂木健一郎

NHK FM
2006年 4月29日(土) 午後0:30〜午後2:00

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/07-00218.html

4月 29, 2006 at 10:50 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーキング ウィズ 松尾堂(本日):

» 既理論は近縁種との差異化の起源にすぎズ トラックバック 水幡正蔵「進化論革命」日記
■♀■さらに生物学的ヒト起源、「種の起源」問題。■♂■ <まあ、あなたのこの意見からするとオオカミだろうがトカゲだろうがブタだろうが何だろうが、脳は生存に不可欠なんで(脳抜きのこれらの動物が想像できますか?)、オオカミをオオカミたらしめる形質を最初に持ったのはピカイア、トカゲを(以下同文)、ブタを(以下同文)・・と言っても全然構わないことになります。・・・ヒトだけ特記する必要はどこに行ったのかな?>(コブラ氏) (A)▼「オオカミ生態史」▼<生物学的意識の大進化時代> 1.「頭索動物ステー... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 13:07:23

» 茂木クオリア論はやはり総括が不可欠! トラックバック 水幡正蔵「進化論革命」日記
<最後に求められているのは理論の総括などではなく、主張に対する証拠である。その意味では、水幡が、養老や茂木の後を追っても意味がない。要するに学界レベルでは何ら重要視されていないし、また学問的に注目されるデータがまるでないからだ。>(ジャック) ▼いや、ジャックにしては真面目なレスなんでコメントを加えたい。私はやはり養老理論と茂木クオリア論の総括は、私の仕事だと考えている。それをやることは、すなわち新今西説を、養老理論や茂木クオリア論の発展形として説明できるからだ。 ▼これまでの養老読者や茂木読... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 13:09:00

コメント

 私、朝10時ちょっと前にここにきたけれど、更新されて
いなかったので、「そーいえば今日、休みだもんね~。」と、
今年はじめて外が暖かく感じられた日を、家でごろごろして
ぜいたくに過ごして、夕方、自転車で風をきり、近所のスーパーで買い物。
北国に自転車の快適な季節、到来(の予感)。

 茂木さんラジオにご出演だったの…へええ…ふうぅん…。

 やだやだやだ~!知らなかったよぅ!
 も~ちょっと早く更新されていたら…と、
正直ちょっとくやしい…。
 でもさ、茂木さんの超多忙な毎日と、寝顔を想像すると…
ま、いっか~。
 私はこれから、今度はだらだらでもするかな。

投稿: | 2006/04/30 0:15:39

 ぼくも聞きました。人から質問されたときは千載一遇のチャンスだっていう話面白かったです。
 あと松尾さんが遊びには競争、模倣、偶然、とあともう一個、錯覚?ぽいかんじの要素があるっていうのも、そうなんだ~と思いました。
 漠然とした感じに情報がぽんと埋まると、茂木さん言うとおりひきつけられますね。
 あと小説の朗読もありましたが、あの下りだけ聞くとあんま読みたくないかな~(笑 と思っちゃいました。

投稿: 真野 | 2006/04/29 21:27:46

松尾さんの夢の話、面白かったです。私も今朝、後ろ向きで走る100メートル競走世界大会で優勝した夢を見たからです。幼いときから後ろ向きで走ったり、スキップで走ったりするのが好きで、いまもジョギングのとき後ろ向きで全速力したい衝動に駆られるのですが恥ずかしいのでできません。水泳は背泳ぎや平泳ぎなど種類があるのに、走るのはみんななぜ前ばかり向いてるんだろうと思っています。

投稿: | 2006/04/29 19:12:56

いま、NHK‐FMでこの番組を聞いているのですが、結構面白いですね!!
女性は社会によって人生を決められてしまう…というのは、これはこれで非常に問題です。
社会に左右されなくても、自分自身で哲学をもち、占いなどに頼らなくとも、自己の人生を切り開けるように女性もならないと、ますます社会に隷属させられてしまう。そんな感想をもちました。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/29 13:19:02

コメントを書く