« To hear language as music | トップページ | 日経サイエンス 対談 第2回 福岡伸一 »

2006/04/29

関根くん、今度ゆっくりお話しようね

放送には使われなかったが、
先日、『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の収録で秋山咲恵さんにお目にかかったとき、
秋山さんが、
 「趣味は筋トレです」
と言っていたのを思い出した。
 
 「筋トレって、短時間で効果が上がるから
いいんですよ」
などと言っていたのも思い出した。

 それで、スゴ録で録画してあった
「プロフェッショナル」の秋山さんの回を
見ながら、ヒンズースクワットをしたり、
腹筋をしたり、20年ほど前に
買った「ブルワーカー」で胸筋を
鍛えたりしてみた。
 
 昔、椎名誠さんが「一日200回の腹筋、
200回の腕立て伏せを欠かさない」
と書いているのを見て
「これだ!」と思ってしばらくやろうと
したことがあったが、とにかく発作的に
やろうとすることは時々やるのである。

 結局何時も挫折するのだが、
ヒンズースクワットはそれなりにきいた
らしく、太ももが痛い。
 階段の上り下りの際など、内心「うっ」
と言ってしまう。
 バカである。

 8月19日の東京フィルハーモニーの
コンサートに参画するので、
 その打ち合わせがあった。
 放送作家の富樫香織さんに、いろいろ恐ろしい
ことをきいてしまった。

 富樫さんは、一本の構成を書くのに、
50冊くらい本を読んでしまうのだそうだ。
 放送作家というのは、どうやら、世の中の
あらゆる職業の中で、もっとも多く本を
読む人たちらしい。

 しかも、いささか「サヴァン」の気があり、
「あっ、そのことだったら、この本の
何頁あたりに書いてありますよ」
などと言ったり、
「それについては、この番組の、○○年
○月○日放送あたりで言っていましたよ」
などとぱっと言えてしまったりするのである。

 以上の特性が、放送作家一般に当てはまる
ことなのか、富樫さんだけの特殊能力なのか
どうかは定かではない。

 いずれにせよ、テレビは「ウソは
放送できない」という強烈な制約が
あるので、裏を徹底的に取る、
と富樫さん。

 それとは違う印象を持っている人も
多いと思うが、富樫さんの言うことには
リアリティがあるように思えた。

 ゼミ。
 The Brain Clubと名付けたこの
ゼミも、99回を迎えた。
 関根崇泰、須藤珠水が担当したが、
二人ともややこしい論文を紹介したので、
議論が紛糾した。

 「関根、お前、何でこの論文にしたんだ?」
 「いや、私の研究と関係があると
思ってですね」
 「本当のことを言ってみたまえ、関根くん」
 「うっ。いや、ゼミで何をやろうかと、
茂木さんの部屋にいってNatureを見ていたら、
これが目に止まったんで」
 「いきずりの論文かい!」
 「そうです・・・・」

 関根は、先日の東大駒場での授業の後、
「ボクは論文を書きます」と言って
早帰りした、と聞いていたのだが、
 実は
「ボクは論文を読みます」
の間違いだったというのだが、
その「論文」がゼミでやった
「あの論文」だったのである。

 関根くん、今度ゆっくりお話しようね。

 今朝も筋肉が痛いが、腕立てくらいは
やってみるつもりだ。

4月 29, 2006 at 10:02 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関根くん、今度ゆっくりお話しようね:

» 決断!「プロフェッショナル」 トラックバック 御林守河村家を守る会
秋山さんのような一流人ではないけれど、 私のようなレベルでも、 立ちはだかる障壁を乗りこえて決断する責任を たえず感じながら生きています。 私はちいさな学習塾を立ちあげてから27年になりますので、 さまざまなことがありましたが、 記憶のあたらしいところでは... [続きを読む]

受信: 2006/04/29 10:29:55

» 決断!「プロフェッショナル」(2) トラックバック 御林守河村家を守る会
電話のむこうから、なつかしい声がきこえてきました。 S.Oさんの声でした。 S.Oさんは、 私が学習塾を立ちあげたばかりのころ、 英語を担当してくださった方でした。 温厚で、たいへん優秀な年上の紳士で、 1年ほど英語講師として手伝ってくださったあと、 静岡�... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 7:28:25

コメント

 昔、友達に「バカって言われるのとアホって言われるの、
どっちが腹立つ?」と聞かれて、1人は即バカ、私も迷ってバカ、
聞いてきた一人が「なんで2人ともバカなん?私はアホのほうが
絶対腹立つ。」と言ったのを、「バカである」で
突然思い出して…私の記憶、くだらなすぎ…。

 Brain Danceというパーティに行ったことが、98年に。
 なんてナイスなネーミングだろうと、いまだに思います。

 茂木さん、いつかゆっくりお話しようね。などと夢は大きく。

 あまりマッチョになってしまうと、ベイビーフェイスには
似合わなそうです。腕にイカリマークとか?
 それにしても茂木さん、元気だな~。

投稿: | 2006/05/01 2:06:01

>TOMOはは様
何も考えない休日よりも、ひとからみればつまらないと思えることでも、いろんなことを考えながら過ごす休日のほうが、頭的にも私的にも有意義だと思いマス。ハイ

>茂木先生へ

ヒンズースクワット、ブルワーカー…。いきなり急にやっても、ねぇ…(笑)
「ブルワーカーで胸筋を鍛える」とあるので、ブルワーカー以前に出た筋トレグッズ“エキスパンダー”なるものを思い出しました。ばねをひっぱって、胸の筋肉を鍛えるしろものですが、あれはけっこうきますよ。私もこれでも少々経験アリマス…が、女性じゃあれはむりですねぇ。

いかなる筋トレでもやっぱし持続は大切なんですよ、茂木先生。
それよりも、日頃の御無理が祟って“バタン!ギュー”となってしまわれることのほうが心配です。
くれぐれもご自愛願いたく存じます。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/29 12:00:25

今朝の、どよう塾は「成長」がテーマで

私はよく見ていませんでしたが、「睡眠・栄養・遊び」っだったかが
大切であるというお話でした!

(夜更かし朝寝坊で、好き嫌いの多いわが子は
結構真面目に見ておりましたが、「遊ぶ」だけは自信ありげでした…)

それにしても『学ぶこと』『考えること』『感じること』が
最大の『楽しい遊び』になったら、ほんとうに素敵でしょうね!!

先日の朝カルの論文も、本文は歯が立ちませんが
Fig.のところだけでもながめていると
いろいろ面白いことを 思いつきます・・・

突然変異がおきやすい箇所が5つあったとして
どんな経路をたどっても、
結局一番耐性のある株にたどり着くってことでしょうか?

それって、選択されているようでいて
結果は、ひとつに収束してませんか????

お休みだっていうのに、またつまらないこと(?)を考えてしまいました。

投稿: TOMOはは | 2006/04/29 10:35:08

コメントを書く