« 「このスキに」ということで修繕を始める | トップページ | To hear language as music »

2006/04/28

東京芸術大学 美術解剖学 荒川修作 

東京芸術大学 美術解剖学 
Lecture 2
荒川修作氏講演会

http://www.architectural-body.com/

荒川修作氏をお迎えして、
その芸術、人生、世界に関する哲学を
語っていただきます。

2006年5月1日(月) 
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟
第3講義室(2F)

http://www.geidai.ac.jp/campus/ueno_campus.html

4月 28, 2006 at 07:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸術大学 美術解剖学 荒川修作 :

» アウストラロピテクスは交配相手になるか? トラックバック 水幡正蔵「進化論革命」日記
■♀■生物学的ヒト起源、生物学的「種の起源」問題を討論相手に追及していくと、どうなるか。これまでのパターンだと、討論相手は必ず皆逃げていった。だが今回は違う。エルフィナさん以上にコブラ氏がしっかり対応してくれている。この調子でいけば、これまでほとんど理解されてこなかった「ヒト生態史」論の意味が、理解されるかもしれない。■♂■ <見て見ぬフリだのなんだの、何を大騒ぎしているの。何度言っても本当に「ルサンチマンタロウ」な人だな。・・・種分化を指しているのなら、「種の起源」なんて言い方は普通はしない... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 11:13:37

» 東京芸術大学 美術解剖学 荒川修作講演会 トラックバック 三鷹天命反転住宅 BLOG:荒川修作+マドリン・ギンズ
茂木健一郎さんが東京芸術大学で行っている講座で荒川修作が講演させていただくことに... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 12:46:22

» 東京芸術大学 美術解剖学 荒川修作講演会 トラックバック 三鷹天命反転住宅 BLOG:荒川修作+マドリン・ギンズ
茂木健一郎さんが東京芸術大学で行っている講座で荒川修作が講演させていただくことに... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 12:47:52

コメント

コメントを書く