« 本当はカタスミで | トップページ | 「ひらめき脳」4刷 »

2006/04/25

爆発と創造性のダイヤモンド

Lecture Records

東京芸術大学 美術解剖学 2006年度
Lecture 1
爆発と創造性のダイヤモンド
茂木健一郎

音声ファイル(MP3, 75分、34.5 MB)

4月 25, 2006 at 07:53 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆発と創造性のダイヤモンド:

» 茂木健一郎さん ~アハ!体験~ トラックバック ロングボード (Longboard)
サーフィンやアロマなどで、脳を活性化する方法を模索しています。Masa. | Longboard [続きを読む]

受信: 2006/04/25 7:57:18

» 「こどもへのまなざし」 トラックバック Little Tree
これは、私の尊敬する佐々木正美先生のご本のタイトルです。 以前にも書きましたが、佐々木先生の 『子どもへの、そしてすべての人に向けるあたたかいまなざし』にふれて 私は、ほんとうに大切なことを教えていただきました。 子育てをする中で、どうしてよいかわからないことだらけで 子どものことがよく見えなくなって 子育てに、自信をもてずに悩んでいたときに、先生と出会いました。 佐々木先生�... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 16:33:33

» ゴツゴツと(66.8)。 トラックバック shiba's scope
 今日の天気は何だかヘンだった。朝方は曇り、お昼ごろ真っ暗になったと思ったら雷が鳴って、午後には晴れ間も。最近「気圧がヒトの気分に与える影響はきっと大きい」とか思ってて、−まあ半分以上言い訳だが−こう一日の間でコロコロ天気が変わると、それだけでグッタリしたような感じになる。でも、「女心と秋の空」とか、「アイツお天気屋だからな〜」とかいう言い方がされているのは、本能的に気象条件と気分の関係... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 22:41:57

» 思考・表現の爆発は猛烈な相転移である トラックバック 「ありがとう」と「愛・幸せ」等の数理哲学
 ものすごい勢いで著作を発表なさっている方、芸術家、音楽家など極めて創造的な活動を行っている人の脳内ではどのような活動がなされているのでしょうか。  おそらく1つの作品(著作物、作品、曲)に取り組んでいる過程においても次から次へと別なアイディアが沸いてきて脳内は沸騰状態、そんな状態だと思います。この状態はまさに100℃で水から水蒸気にかわる煮えたぎった状態にあると思います。物理的に言えばまさに相転移の状態、ウルフラムの1次元セル・オートマトンで言えばクラスⅣからⅢに至る過程の状態にあると...... [続きを読む]

受信: 2006/04/28 16:13:24

» 創造性とメタファーと トラックバック 「ありがとう」と「愛・幸せ」等の数理哲学
 私たちが何か新たな考えを提案したり、創造的なものを生み出すときには、その類推の過程で生み出されたメタファー(隠喩)を用いることは少なくありません。  メタファーが生み出される過程においては、元々考えていることと一見関係ない事柄、命題同士を結びつけることが行われていると思います。これはシンクロニシティが一見関係のないものを結び付けているのと似ているように思われます。  ここで、元々の対象物とメタファーが実際上、非常にかけ離れたもの(表現)であるにもかかわらず、結果として非常に接近してい...... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 19:56:40

» 創造性のある本、会話の要件 トラックバック 「ありがとう」と「愛・幸せ」等の数理哲学
 創造性のある著作物(本)や人との会話の要件とはなんでしょうか。  それは、本で記されている、または会話でやりとりされる考えなり、メタファーが、今までに聞いたことがないものであることは去ることながら、そこから派生して、たくさんのアイディアが連想されて思いついていくものであると思います。  考えやメタファーが、より斬新的で、根源的な内容であればあるほど、次々と思いつきが出てきます。  そういう本と出合うと、文章に次々と線を引きたくなり、事実たくさん引いちゃいます。また、線が引いてあるペ...... [続きを読む]

受信: 2006/05/15 12:12:12

コメント

PCの前で、「うん、うんうん」と頷きながら
拝聴させて頂きました。有難うございます!
茂木さんのメタファーによって説明された事が
私自身の経験によって、
違うメタファーで表現されるというか
記憶に残っていく、という感じでした。
Hopeful monster(ですか?)の話を聞いていて、
ちょっと違うんですけど細菌が浮かんできました。

自然界に当たり前のように存在する細菌を
私達は善玉菌とか悪玉菌とわけて、そして
悪いと認識したものに対して
排除しようとする、決して認めない。

自分の中にあるそれを、そのまま置いておいたら、
少々何かが起こったって
あまり動じない気がするのです。

と、これは今の私が感じる事であって
時が違えば感じ方も違うのでしょうね。

こうやって考えたり気付いたりする事も
「超新星爆発」と言っていいのでしょうか?

投稿: | 2006/05/03 3:09:12

茂木先生へ
講義の音声ファイル聞かせて頂きました。
有難うございました。

ダイナミックでエネルギー溢れる講義。
聞きほれてしまいました。

物を作りたいという衝動を 現実と折り合う為に押さえつけなくて
良いのだと!!勇気倍増~
私の場合は 中途半端
少し自家中毒状態。時々現実と遊離気味。
物が増え家の中は発掘現場となりつつあるしーーー
(どこにしまったか忘れちゃうし)
いっそのこと『爆発』したい!!!
けど周りとのバランスを取らないと~~ なんて思ってしまう時点で一般人気質。

しかし茂木先生は温かいな。。。

ご無理が続いている御様子。体大切になさってください。
本当にダウンされたら大変です。せめて睡眠時間はきちんと
とってください。

投稿: | 2006/04/28 19:12:08

なんだか 今年の春は 寒いですね~
もう4月の後半だというのに。。。
皆さん 体調など崩されていませんか~?
そして今年も3分の1 過ぎさってしまったとは

>Lecture 1
 爆発と創造性のダイヤモンド
 
音声ファイル 「やったぁ~!!!」
感激です。
早く聞きたいのですが
なんだ かんだで「おあずけ」状態。(泣)

もぐりんこ。。。いいですね!!

投稿: | 2006/04/26 9:03:03

茂木先生へ

昨夜、授業の音声ファイルを発見し、大感激!
きっと、芸大に入れなかった人も、地方の方も、私のような社会人の茂木先生の本の読者も喜んでいることでしょう!

岡本太郎さんは、私のもっとも尊敬する芸術家ですが、彼の「芸術は爆発だ!」に触れていたので、嬉しかったです。
かつて彼の著書「自分に毒を持て」を読んでから、彼の作品の意味を知り、魂の理論に基づいた作品であることに深い感銘を受けました。

茂木先生の理論では、人間の一千億の神経細胞にホンフルモンスターが(怪獣)がいる、と言う話、大変面白かったです。何か大きな仕事を成し遂げた人にはそれが居ると言う話。
これから素敵なゲストもいらっしゃると言うことで、次回も音声ファイルを期待します。
茂木先生の声は澄んでいてお腹から響いた良い声だなぁ、と実感しました。

投稿: | 2006/04/26 8:42:47

いま見つけましたが、NHKスペシャルで5月に始まる

プラネットアース第1集「生きている地球」が面白そうですね!

また、楽しみがひとつ増えました!

(それから、今朝、サラリーマンNEOの再放送を見ました。
 流れていた、ジャーニーの曲がとても懐かしかったです!)


投稿: TOMOはは | 2006/04/25 15:14:43

昨日は、佐藤雅彦さん
今日は、芸大にもぐりこんで講義を受けてしまいました!

こんなに面白い授業を受けられる学生さんは、ほんとうに幸せですね!!

(どんな表情でお話を聞いていたのか、どんな感想をもたれたのかに
私としては、非常に興味があります。)

こんな楽しさを、子ども達にも味わって欲しいと痛感しました。

(いま、梨木香歩さんからつながって、
塚谷裕一著「植物のこころ」を読んでいます。

昆虫と植物をめぐる進化の歴史に、
人類はまだ追いついていないような気もします・・・

まだそれだけ、若い!ということかもしれませんね。)

投稿: TOMOはは | 2006/04/25 14:56:25

コメントを書く