« 紀伊国屋ホール 「ひらめきの時代」を生きる | トップページ | サイエンスラウンジ 竹内薫×茂木健一郎 »

2006/04/20

プロフェッショナル 仕事の流儀 佐藤章

プロフェッショナル 仕事の流儀 第12回

チームの力がヒットを生む
〜商品企画部長・佐藤章〜
「生茶」「FIRE」などの清涼飲料を次々と大ヒットさせ、後発のキリンビバレッジを一躍、シェア上位に押し上げたビジネス界注目の商品企画部長・佐藤章(46歳)。部長でありながら、先頭に立って現場を走り回り、CM撮影のアングルにまで口を出す。「優等生はダメ」「大振りをしろ」「会社の都合で商品を作るな」など「商品開発の掟 14ヶ条」を掲げ、部下を引っ張るヒットメーカー佐藤章の「モノ作り」と「ヒト作り」の現場に密着する。

NHK総合
2006年4月20日(木)22:00〜22:44

http://www.nhk.or.jp/professional/

4月 20, 2006 at 08:30 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 仕事の流儀 佐藤章:

» プロフェッショナル仕事の流儀 file:012 トラックバック カメラマン目線な熱狂的マスコミファン
今日は今までで一番の異色なプロフェッショナルの登場であり、 しかし一般人にとっては非常に興味深い内容。 そう、サラリーマンがプロフェッショナルに初登場。 人気商品の企画部長でその力はいったいどこから? 商品開発の裏側にとても興味がある人には 衝撃的な、かつ... [続きを読む]

受信: 2006/04/20 23:35:33

» 熱いぞ!「プロフェッショナル」 トラックバック 御林守河村家を守る会
だれにも挫折の時期があります。 語らず、こぶしを握りしめて、 酒におぼれ、ひとり涙する夜を、 だれしも経験するのでしょう。 その時期にこそ、 のちの飛躍の翼が育っているのです。 そこから舞いあがったとき、 くるしみを知った人のやさしさと、 自分をつきはなせ... [続きを読む]

受信: 2006/04/21 11:52:08

» 仕事とは、目に見える愛なり トラックバック ゴスペル・聖書TV&Radio/Brand New Life
昨日の「プロフェッショナルー仕事の流儀」が、おもしろかった。 キリンビバレッジの業界シェアを躍進させた佐藤章さんを とりあげていました。 Q プロフェッショナルとは? A やっぱり愛情がある人だと思いますね。 テクニカルなプロじゃあだめなんですよ....... [続きを読む]

受信: 2006/04/22 14:32:36

コメント

いまキリンビバレッジの商品って、缶コーヒーを中心に結構売れているようだ。その販売絶好調の陰に、佐藤 章さんがおられることが、きょう、この「プロフェッショナル 仕事の流儀」で明らかになる!! おーし、絶対観るぞ!

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/20 18:40:55

コメントを書く