«  土曜ライブ ワッツ!? ニッポン (本日) | トップページ | 彷徨 »

2006/04/22

コーヒーを買って気合いを入れて

とにかくICONIPに出す田辺の論文を
終わらせなくてはならなかったので、
 朝日カルチャーセンターの後は
飲み会をしながら必死になって直していた。

 朝も起きて直ぐにコンビニに行き、
コーヒーを買って気合いを入れて
作業を続けた。

 サブミットして、朝8時に車が
迎えに来て、フジテレビに向かっている。

 昨日はミーティングが3件、
 その後ゼミ。

 それからアサカルだった。

 徳間書店の本間肇さんが、
クオリア日記を書籍にしませんかと
言って下さっている。

 今日は竹内薫と会う。
考えてみれば、二人のセッションは本当に
かなりの久しぶりかもしれない。
 
 朝10時から整理券配布と、プロトコルは
面倒で申し訳ありませんが、
 すごく楽しい時間になるような気がします。
 
http://stw.mext.go.jp/20060414/lounge.pdf

4月 22, 2006 at 08:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーを買って気合いを入れて:

» コブラ氏、起源問題の今の見解を聞かせて トラックバック 水幡正蔵「進化論革命」日記
■♀■19日(ブログ掲載は20日)の「生物学的ヒト起源」をめぐる激しい“バトル”から1日が経過した。私としてはこの問題は「ヒト生態史」論の根幹であり、しっかり詰めておきたいと思った。そこでコブラ氏にコメントを求めた。■♂■ <・・・頼むから分類学、じゃなくていい、「ずかん・おおむかしのどうぶつ」の巻末の図でも見てくれ。あんたは分岐と生命の発生の区別もつかんのか。・・・なんなら分岐分類学でも学んで下さい。 >(コブラ氏)  ▼コブラ氏、、昨日の「生物学的ヒト起源」問題は整理つきましたか?私... [続きを読む]

受信: 2006/04/22 11:41:09

» 「ステージ」は同一MPRで定義できる! トラックバック 水幡正蔵「進化論革命」日記
■♀■コブラ氏からの応答があった。彼らしい専門的見地に立った応答であり、疑問点にはきっちり答える必要を感じた。以下3項目に分けて解答■♂■  (1)ステージは同一MPRで定義できる!  <はっきり言うと、例によってあなたの用語が一般的な生物学用語と違う、ということは明確にわかりました。あなたの言う「種の起原」は「種という存在(だか概念だか)が遡れる、その最も古い所」でしょ?>(コブラ氏) ▼まったくその通り。ここが分かってもらえたのは、新今西説理解がさらに一歩前進といえる。ありがたいね、... [続きを読む]

受信: 2006/04/22 11:43:40

» 夜のお菓子 トラックバック 河内っ子のブログ
  きのうの朝、知り合いが浜松で買ってきた「うなぎパイ」を食べた。なにげにパッ [続きを読む]

受信: 2006/04/22 19:17:26

» http://soshu.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_8b62.html トラックバック 爽秋の春風駘蕩ならざる日々
だいたいやね。少子化、少子化いうけれども、国土面積に比べて人口の過剰な日本にはエ [続きを読む]

受信: 2006/04/23 0:36:09

» 【日曜版】「少子化は大人のエゴに問題あり」 トラックバック 爽秋の春風駘蕩ならざる日々
だいたいやね。少子化、少子化いうけれども、国土面積に比べて人口の過剰な日本にはエ [続きを読む]

受信: 2006/04/23 0:37:18

» おれたちは歩こう トラックバック 爽秋の春風駘蕩ならざる日々
「打たれ強く生きる」(城山三郎著;新潮文庫)から抜粋; 男は三十二歳。地方の私鉄 [続きを読む]

受信: 2006/04/25 1:05:16

コメント

千歳飴の父親です。
ここに記載された読者の文章が、NHK等で無断に引用される事があるのでしょうか?娘は引用された種々の言葉が、あまりにも多いと悩んでいます。そういう番組で、引用する場合は必ず、茂木先生の読者のブログに、こういう内容がありましたよね、という形で必ず表現するのが公共放送としての礼儀だと、私は思います。今後、引用される時は、そのような態度で臨んで頂きたいと思います。お願い致します。
                     千歳飴の父

投稿: 千歳飴 | 2006/04/24 2:39:04

朝のフジテレビに夕方のサイエンスカフェ・・・。
そしてその前の、ご門弟の方の論文の直し・・・。
本当にご苦労様です。

竹内氏とのセッションは本当に素晴らしかったです!
脳がパンパンになるくらいに!
理系と文系、科学とその他との垣根を取っ払うことが、日本の本当の
「Academic Freedom」
に繋がる…!お二人の対談を聴いて密かにこう確信した次第です。
(この件についての感想は、Ancient Qualia Cafeにも御座います)

なんと!この「クオリア日記」の“書籍化”の話も来ているのですか!おお~。
もし書籍になったら迷わず“買い”ですね。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/22 22:00:04

コメントを書く