« 鴨ナイフ くゎっ、くゎっ! | トップページ | 春風ふわりのごとく、越境してしまう »

2006/04/05

木棲flower pigくん

小布施のセーラ・マリ・カミングスから、
長い木の板が送られてきたのは、
一ヶ月くらい前。

何だろう、と思ったら、
桶アートの「企画」で、
桶を構成していた板に
何か描いて送り返せ、
ということらしい。

お安い御用、と思っていたが、
ついつい締め切りを忘れてしまった。

桝一酒造の松木瑞枝さんから、
「締め切り過ぎています」という
メールが来たときには、すでに出雲に
行っていた。

何でも、もう一度桶に組み直すらしい。

それはマズイ、というので朝一番で
フラワーピッグ春型を描いた。

大阪の堺で桶を組むというので、
ここは、一つご苦労であるが、
修士一年に入ったばかりの野澤真一
くんに大阪まで行ってもらうことにした。

「野澤、大阪行ったことあるか?」
「ありません」
「最近は、品川から乗れるんだぞ。知っているか?」
「そんなこたあ、知っていますよ!」
「じゃあ、これ、もっていっておくれ」
「こんなにでかいんですか?」
「すまんすまん、そのかわり、行きは
トンカツ弁当とビールを飲むといいよ」
「茂木さんにちょっと恩を売っておくのも
いいかな。」
「あと、海遊館というところで、ジンベイザメを
見るといいよ」
「わかりました」
「あとは、道頓堀で何かうまいものを食えよ」
「食います! それじゃあ、いってまいります!」

と野澤はひょいひょい出かけていった。

野澤を送り出したあと、私は大忙し。
大久保ふみさん、箆伊智充くん、星野英一くん
の修士構想発表、
恩蔵絢子さん、関根崇泰くんの
博士中間発表の予行をして、
パワーポイントについて議論をする。

NHKに行き、打ち合わせ。
有吉さんや、住吉さんたちは、
お花見をしたらしい。
何だかくらやましい。

研究所に戻る途中で、
野澤くんからメールがきた。

ミッションコンプリート!
鈴木さんはいい方でした。
桶の板を描いていた人はそうそうたる面子ですね!
小泉純一郎とか片岡鶴太郎とかいてびっくりしました。
さらっと観光して帰ります。

鈴木さんというのは、桶を組むウッドワークの
人である。

桶アートの本番は、こちら。

http://www.okeok.com/guidance/guidance.html 

戻ってきて、再び議論。
こういう時にインテンスに研究の話をして、
新しい発想が生まれる。
星野の難解な空間把握哲学の実体が、
30分くらいじっくり議論してやっと
わかった!
星野くん、君、概念空間の奥に行きすぎです!

夜、某重要会合。
緊張しつつも、楽しい会談。

長い一日だった!

日付が変わる頃、コンビニからの道を
歩きながら考えた。

私が今のような生活のあり方に突入したのは、
クオリアの問題に目覚めたのもそうだが、
もう一つは、高校時代にニーチェを読みながら
一生懸命考えて、掴んだ一種の生命哲学、
すなわち、基本的にニヒリズムを基底としながらも、
「Tanzen」(舞踏)としての生の中に一人称の
自分を投げ込むというあり方の論理的帰結
だな、と。

クオリア+生命哲学。

大変だよ。だけど、充実している。


野澤真一くんと旅に出る直前の
木棲flower pigくんと記念撮影。

4月 5, 2006 at 06:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木棲flower pigくん:

» 新たなスタート トラックバック 奈保美
さて、授業を始めます。卒業生を送ってからずっと寂い思いをしていた。なにか居場所のない思いがしていた・・・・ [続きを読む]

受信: 2006/04/13 15:22:23

» 今はウーちゃんと一緒にいます。 トラックバック 旦那様ゴメンナサイ・・・
カワイイでしょ?いつもウーちゃんから元気をもらっているんです。でも、やっぱり体までは満たされない…。抱かれたい、激しく抱かれたいです。 [続きを読む]

受信: 2006/04/13 21:13:15

» お仕事の内容はヒミツww トラックバック ギャルギャル
今はフリーターやってるよぉ!お仕事の内容はヒミツww好きな事はアニメと買い物とぉ・・・・・俄然SEX!!はぃ!ソコ!!引かないよ〜〜!! [続きを読む]

受信: 2006/04/14 12:22:31

コメント

 これだけは、と思っていたことを書き忘れ。ボケボケ。


 「大変だよ。だけど、充実している。」

 ここ、ものすごく、ぐっとくるんですよ。
 
 このすぐ下の写真の、茂木さんの顔が、このことばを
通してみると、どこか憂いを帯びた笑顔に見えてしまうの。
 とにかく、すっごく、好きだ。なんなんだろう…。

投稿: 龍神 | 2006/04/07 1:53:54

 茂木さんの日記に登場する、flower pigだとか、
茂木の木だとか。
 これがそうだよって、見たことがなかったので、
こうかな?もっとこうしようっかな?って、
私バージョンのflower pigと茂木の木が完成していたの。
(近い未来、お会いできたなら、見ていただけます?)

 ついにflower pigにご対面!他の星から来たみたい!
 Flower pig from Mars. (木棲だからJupiter!?)
って感じ!

 旅立つ前の、写真の中の木棲flower pigくん、にこにこして、
にこにこした茂木さんのお顔を見つめているよ!

 茂木さん、どうか、ゲキヤセしないでね。
 いまのままでさいこうにかわいいんだからさぁ。
 
 (ひとつだけいつも思うひとりごと。茂木さん、ハッっと
鮮やかな色のお洋服も、似合うと思うんだけどな。)

投稿: 龍神 | 2006/04/07 1:15:35

大学生の頃、心に響いた言葉をスケジュール帳に書き付けていました。その中の1つに、'Some people feel with their heads and think with their hearts. - Lichtenberg'があるのですが、今日フト思い出しました。金曜日を楽しみにしています。

投稿: 朝 | 2006/04/06 0:57:58

やあ~、flowerPigが桶の板に棲んでるんだ。
まさに木棲。かわいい~。
ただ、こいつにはあの「くるくるしっぽ」が無い!
しっぽは、どこに行ってしまったんだ。

(自分もらくがきとしてこのピッグちゃんを描いている)

そういえば、六本木ヒルズで酒しこみ桶関係のイヴェントがあるんですよね。私も是非!と思うのですが、何せ、費用が…(泣)

茂木先生も濃厚な青春時代を送ってこられたんですね…。
高校時代にニーチェを読まれていたなんて…。
ニーチェで思い出すのは彼の名著「ツァラトゥストラ斯く語りき」を素材にして、リヒァルト・シュトラウスがあの名曲を作ったことです。
あの壮大なイントロダクションは、一人の人間の中の「小宇宙」を表現していると同時に、人間の外に広がる「大宇宙」を見つめ、どちらも「無限」であるということを表現しているのかもしれません。

私自身が少なくとも思うに、ニーチェの虚無的な思想も、釈迦の慈悲も、すべては人間のなかの小宇宙にあるような気がしますし、また大宇宙にも広がっているような気もします。

茂木先生も我々も、万物流転、諸行無常で、変化、変化の連続の中にいる地球という土くれのカタマリの上に立ちながら、限りある「人間」としての生を精一杯生き抜いているのに相違ありますまい。

東京はもう桜散らしの雨が降ってしまいましたね。お写真を拝見しましたが、多少、お痩せになったような…?
お元気そうで何より、です。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/04/05 18:01:06

茂木さん、確かに私の好きな佐野元春に似ているかも・・・

それにしても、茂木さんは本当に濃い高校時代を送っていたんですね。私は同窓ですが、小学校から何とか上がっていけた口なので、高校時代は周りの優秀さに唖然とするばかり。コンプレックスのかたまりで縮こまっちゃって、今思うと、もっといろいろと前向きに楽しめばよかったと思うことばかりです。
浪人したくなくて茂木さんも講師をなさった某私大に進みました。そこで出会った女友達は結構ユニークな人が多くて、ひとり、ずっとドキュメンタリー番組や映画を作ってる子がいます。自分が子供を生んでからはフリーで子供の目線の社会派映画つくってます。彼女に、茂木さんと子供たちをからませて、何か撮らせたいと密かに思っています。

ちなみに弟も高校の2期下つまり茂木さんの1期上にいました。
野球部で頴司先生にお世話になりました。弟は回り道して今は医者ですが、勤務医で忙殺され独身、養老先生の本を読むのがやっとのよう。先日、茂木さんのことを聞いてみましたが「記憶もなく、今の活躍も知らない」とのたまった。モギケン知らなきゃもぐりですよ、とばかりに私は同窓生に伝道師のように茂木さんの活躍を話しています。先日のブログ拝見して忙しいのにジョギングしてるのにも驚きましたが、すぐに区役所に電話するところが、また素晴らしい。いつ寝てるんだろう、とちょっと心配ですが、これからもどうぞご活躍あれ。私事連ねて失礼いたしました。

投稿: リリアン | 2006/04/05 11:24:10

かわいい仕上がりですね!
それにしても 大きいですね(茂木先生より大きい)
プロフェショナルもお休みだったので
久々に茂木先生の姿を拝見したような
元気そうなによりです
茂木先生 私の目からみると お痩せになったような。

投稿: いちご | 2006/04/05 11:01:19

“はじめての、おつかい”に、子どもを出したときのような

ちょっと、うれしいドキドキを思い出しておりました。

我が家の、息子も今日から3年生です!!

雨の中、集団登校に遅れず出かけて行きました。

母親のほうが、クラス替えにドキドキしていることに気づいて
思わず苦笑してしまいました。

皆さまも、新しいことや、これまでの継続に、また一歩を踏み出したり

少し立ち止まって、“次の一手”に想いをめぐらせるのも

楽しい季節になりましたね!!

投稿: TOMOはは | 2006/04/05 8:26:41

茂木先生へ

私は昨日、四弁桜を見つけました。
 先月上野公園で満開の花見をした後、茂木先生のクオリア日記で四弁桜を知り、そういえばしっかり虫眼鏡のように観察していなかったことに気が付きました。
 昨日、仕事の合間、青山霊園の桜を観察してみました。そこでは、見つけることが出来なかったのですが、そこを出て、青山通りに進むと、カッシーナがあるのですが、その手前左に一本の桜の木があり、そこで、正に四枚の桜の花びらを見つけたのです。私はじっと観察し、誤って重なっていないかを確かめました。日に透けて間違いなく四枚の花びらでした。
感激しました。
何という幸運!正に先生の言うセレンディピティ!(^-^)
しかし、153.5㎝の私はジャンプしなければ取れそうにありません。ジャンプすれば、細い枝の花の房を取れそうな位置にありました。けれど、人通りがある歩道で、ジャンプして取る行為に罪悪感を感じ、結局取るのを諦めました。あと一日二日したらどうせ散ってはしまう命。私は悶々と四弁桜を眺め葛藤しました・・・。

投稿: 立本友子 | 2006/04/05 7:24:25

コメントを書く