« クオリア入門―心が脳を感じるとき | トップページ | キマジメな「青年の志」 »

2006/03/05

河合隼雄VS茂木健一郎[対談]「脳とこころ」の不思議に迫る3

月刊「潮」2006年4月号 p.196-p.203
河合隼雄VS茂木健一郎
[対談]「脳とこころ」の不思議に迫る3
「ヘンな人」のほうが人生を楽しんでいる?

http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php

3月 5, 2006 at 03:33 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄VS茂木健一郎[対談]「脳とこころ」の不思議に迫る3:

» 神の存在証明再考 トラックバック いわゆる神の存在証明がもたらす意味について
神の存在証明再考 ○先の神の存在証明は事の単純化が不足  一般法則論としては、神の存在証明を、既に済ませてあります。  しかし、それは、いわゆる悟りの体験をした筆者の知識を十二分に活用したものでは無 かった、と今になって分かりました。  簡単に言えば、一般法則論に相応しい事の単純化が不足していました。  この反省に基づいて、改めて神の存在証明を、ここでします。 ○神の実在を学問的にも公共的にも認知させ... [続きを読む]

受信: 2006/03/05 22:16:43

コメント

コメントを書く