« 『脳と仮想』14刷 | トップページ | 逝きし世のうつくしき面影 »

2006/03/04

仕事仕事

角川句会、小布施ッションと流れて、
今日は東京工業大学知能システム専攻の
OB会で講演し、そのあと専攻説明会で
ポスターの前に立って研究内容について話した。

今は専攻のOB会主催の懇親会。

なかなか日記を書く時間がとれません。すみません。明日には。

3月 4, 2006 at 05:42 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事仕事:

» 第9話 班長 トラックバック パソコン幼稚園 marvelog
今まで、自分なりに勉強した事は無駄だったのかと、 [続きを読む]

受信: 2006/03/05 0:27:21

コメント

毎日ハードスケジュールでお仕事をこなされている茂木先生。

何卒ご無理を為さらずに…。休める時には十分にご休養為さってください。(←私も差し出がましい発言でしたら済みません)

ところできょうは半ドンで、本日放映分の「科学大好き土よう塾」を観られませんでした(毎度のことで、放映時間が自分の仕事の時間と重なってしまうのです)。

残念です…(泣)

養老先生と茂木先生の出会われる場面をみたかったのに…。

仕事が退けた後、等々力ゆきのバスに乗り、等々力の停留所でバスを降りてから、用賀まで歩きに歩いて、ちょっとした冒険をしてみました…。

歩いている途中で、もし自分が命尽きることがあったら、悲しんでくれる人が果たしてどれだけいるのかな、などと暗いことを考えているうちに涙が出て来て堪らなくなった。

しかし、これは自分の中の“弱気”のなせる技だ。泣いてはならぬと涙をこらえた。

こんな自分ではあるが、私はこの「クオリア日記」の主(ぬし)たる茂木先生や、これまでであった人々のご長寿とご多幸を心から祈りつつ日々を送っている。

たとえ自分が何らかの理由で、先に命が尽きようとも、茂木先生や皆様には、是非長生きしてほしいと思っている。

さて、家に帰ると、いつぞやの講談社フェーマススクールズの担当者からの手紙が届いていた。

文面をさっと読むに、「あなたの絵の技術の腕を磨き、プロになるチャンスは今しかない」というような内容だったと思う。

いよいよ、自分の将来について決断を下さなくてはならない時が来たと覚悟しなくてはと思う。

茂木先生の講演も、これからは時々来る程度になるかもしれない。先生の勇姿がなかなか見られなくなるのが正直辛い(泣)。

けど、このブログへのコメントは出来得る限り続けてゆきたいと思います。

茂木先生、そして皆様、これからも何卒よろしくお願い致します。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/03/04 19:27:20

本当に 本当にハードスケジュールですね。
お疲れ様です。
超人的にこなされていらっしゃいますが
あまり ご無理されませんように。。。(←差し出がましい発言でしたらすみません)

投稿: | 2006/03/04 18:05:34

 茂木さん見~っけ。今日は遅かったんです
ねえ。私、タイミングいいわ。
 
 お疲れさまです。またあした…。

 今度は茂木さんが鬼だよ。

投稿: | 2006/03/04 17:55:48

コメントを書く