« 春の香りがいっぱいで | トップページ | 我ら洞窟の住人に幸あれ! »

2006/03/22

クローズアップ現代 読者の心をつかめ

NHK総合 
クローズアップ現代
読者の心をつかめ
〜新書ベストセラー争いの舞台裏〜(仮題)

2006年3月23日(木) 19:30〜19:56
の中で、
新潮社の金寿煥さんと私が
新書の「タイトル」を巡って
打ち合わせをしているところが
放映される模様です。

http://www.nhk.or.jp/gendai/ 

3月 22, 2006 at 05:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ現代 読者の心をつかめ:

» クローズアップ現代より~新書ブームは公務員予備軍を救う?~ トラックバック 文系人間の公務員試験~別館ブログ~
23日放送のNHK総合「クローズアップ現代」。 出版界の書籍ブームを取り上げていました。 その中で若い人(大学生等)も新書を読むようになっているそうです。 私も新書をよく読みます。ただし大学生の時はミステリーばかり読んでいてこういった本は授業のため以外では全く読ん... [続きを読む]

受信: 2006/03/25 22:53:08

コメント

「新書」の製作風景や編集の方のお話から
書物を出版することの意味を教えていただいたように思い
とても興味深かかったです。

そもそも文章を書くということを、あまり深く考えたり教わらないまま
私はブログをはじめてしまいましたので
とても、びっくりすることもありました。

なるほど、「自分の考えを伝えたい」とか
「世の中の人に、ひとこと言いたいことがある」とかいうことが基本にあって

でも、信念はあっても、売れる本を出さなくてはいけなかったりするわけで

そのコンセプトをめぐっていろいろな手順を経て
本当にたくさんの人のアイディアや、地道な作業の積み重ねの結果
一冊の本が出来上がるんですね!!


“3つのT”はブログにも使えるかと思いましたが

基本的に、たくさんの方に読んでいただくことを目的にするのと

私のような、自分の思うことを
勝手に独り言のように書いているのとでは
やはり次元が全然違いますね・・・

それにしても、新書のターゲットが中高年男性ということも知りませんでしたが
若い方が、こんな形にしても本を読む楽しさに目覚めるとしたら

ブームに終わることなく、定着させる手立てをぜひ続けていただきたいと思いました。

いろんな意味で私にとって、とても面白い番組でした!

投稿: TOMOはは | 2006/03/24 10:29:04

こ、この日は、「クローズアップ現代」が見れない!(私用で家を空けます)この日は茂木先生が登場するというのに!


先生の姿が見れない~(泣)。がくっ

まてよ…深夜の再放送なら見れるかも…。寝ちゃうかも…。

投稿: 銀鏡反応 | 2006/03/22 20:53:59

コメントを書く