« キマジメな「青年の志」 | トップページ | チャンピオンベルト »

2006/03/06

他人の心がわかるとはどういうことか――脳科学の視点から

特別寄稿 他人の心がわかるとはどういうことか――脳科学の視点から/須藤珠水(東京工業大学大学院博士課程)・茂木健一郎

金子書房 『児童心理』2006年3月号 p.396-401

http://www.kanekoshobo.co.jp/magazine.htm

3月 6, 2006 at 03:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人の心がわかるとはどういうことか――脳科学の視点から:

コメント

金子書房 『児童心理』 は、時々買って読む雑誌なので

今度、本屋さんに行ったとき、必ず買いますね。

今日は、子どもが体調不良で、学校も休みます・・・
(久しぶりに病院へ行かなくては・・・)

ここまで、インフルエンザにも罹らずにがんばってきましたので
少しゆっくり、休ませてあげましょう・・・

そういえば、東工大の関連でお話したいことを思い出しました。

数学者の遠山 啓先生は、東工大の名誉教授でいらっしゃいましたよね・・・

遠山先生も、本当に教育の本質を見つめていらしたと
私は感じています。

そのお話は、またこの次に・・・では

『Boys & Girls be  ambitious ! 』

投稿: TOMOはは | 2006/03/06 7:38:29

コメントを書く