« 金さんの警告 | トップページ | (本日)視点・論点 「脳と買い物」 »

2006/03/03

科学大好き土よう塾 養老孟司の虫スペシャル

NHK教育
2006年3月4日 09:15〜09:59
科学大好き土よう塾 
養老孟司(ようろう たけし)の虫スペシャル

私は子どもたちと虫を捕ったり、養老先生と対談を
したりしています。

http://www.nhk.or.jp/daisuki/next/index.html

3月 3, 2006 at 07:42 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科学大好き土よう塾 養老孟司の虫スペシャル:

コメント

まず 養老先生のお家すばらしいですね。
又、あの環境が素敵です。
あそこにいると 時間を忘れてしまいそうですね。

茂木先生 あの風呂敷は自前のでしょうか(笑

自然に触れてるいる 先生の表情は
よかったですね。
お腹にカイロ入れての収録だったのですね
先生手袋履いていませんでしたが
手が寒くなかったですか?

自宅にマイクロスコープまで(ビックリ

ただ集める領域じゃないんですね。
養老先生が わけがわからない事を
整理することが 楽しんだ
実験室で 条件を限定して研究するより
私がやっているほうが 楽しい。
好きだからやる

私も 何かそういうもの みつかるといいな

茂木先生登場の時の 養老先生の
ニコニコされてた表情がたまりませんでした!

投稿: いちご | 2006/03/05 23:37:01

たいへん楽しく拝見いたしました!!

おそい朝食を食べながら見ておりましたので
いろいろな気になることもあり後でゆっくり見直してみますね。

同じ昆虫といっても、見る視点やその方法、またどこに興味を持つかなど
本当に人それぞれということを強く感じました。

先ほど、夫と子どもがひとつ先の駅近くの比較的大きな公園の池へ
おたまじゃくしを探しに出かけました。

支度に手間取る子どもも、自分の興味のある時には
これでもずいぶん早くできるようになりました。

図書室から「水辺の生きもの野外観察ずかん」を借りてきて
かえるの飼い方など調べているようです。

子どもが少し大きくなってからは意識して(私も自分の時間が取れるので)
休日には父親と二人で過ごす時間をとるようにしています。

漢字の予習も私より夫が見たほうがはかどったり
父親と母親の役割分担が上手くできるといいのでしょうね・・・

どよう塾のあとの番組の作家の山本一力さんのお話も
とても面白かったです。

今、家族の形態はもちろん各家庭の価値観が本当にさまざまで
その多様な価値観をもって育った子どもたちが
共に生きていくということ・・・

よいわるいをどうこう言うのではなく
前向きに何ができるのか考えてみると
いつも立ち止まったままになってしまう自分がいます・・・

投稿: TOMOはは | 2006/03/04 12:55:25

コメントを書く