« 逝きし世のうつくしき面影 | トップページ | 脳の中の人生 数字フェチにはわからない荒川静香の“喜び” »

2006/03/05

名古屋まで行ってしまう私

明けて土曜日、朝はやく長野電鉄に乗り、
地元の高校生たちのすがたをぼんやりと
見つめる。

駅スパートで検索したら速いと出たので
東京で新幹線を乗り継いだ。

竹内薫の『99.9%は仮説』を読んでいて、
ふと気付き、ドキッとする。
ひょっとして、新横浜を過ぎてしまったのでは
ないかと不安になる。

アタマの中に、「名古屋まで行ってしまう私」
「柳川透に、同窓会の講演を代わりにやって
くれえ! と電話している私」「受験生でも
ないのに、新幹線の車掌さんにどうしても
降りなくてはいけないんです。停めてください
と懇願している私」
様々な「私」が見えた。

必死になって風景を見る。そう思えば横浜の
先の方にも思える。
 電車が直角に交差しているところで、
どうやらまだ内側らしいとほっと一息ついた。

東京工業大学知能システム科学専攻同窓会で
講演。
直前までパワーポイントをつくる。
学生たちの研究を、まんべんなく紹介しなければ
ならないので、チェック。

自発発火に関する質問を、柳川透に代わりに
答えさせた。
ちゃんと答えていた。えらくなったね、
透くん。

続いて大学院の受験志望の学生に対する
説明会。

ポスターの前で、いろいろ説明する。

ダニエル・カーネマンの顔写真がうまく
出なかったので、ペンで描いた。
箆伊くんの名前をなんとリストアップ
し忘れていたので、
お詫びの印として、大きな字で書いて、
ついでに似顔絵も描いた。

何人かの学生さんが、熱心に話を
聞いてくださった。

懇親会の直前に、コンピュータのバッテリーを
交換する時にちょっと失敗して、
シャットダウンしている途中で電源が切れる。

立ち上げたら、幾つか不具合が生じた。
いつも使っているワープロが使えないので、
別のもので「ヨミウリ・ウィークリー」
の原稿を書き上げて二居隆司さんに送る。

懇親会。
まわりの人たちを見ながら、
どうしたら、virtual Cambridgeを
つくれるだろうと考える。

世の中に表面的に流通している大抵の
問題はあまり実はエッセンシャルじゃなくて、
大切なことは隠されている。
その隠されているものを引き出し、
白日のもとにさらすにはある特殊な
メンタリティーが要るが、それを
どう醸成するか。

そんなことを考えている時の、脳の
奥がぎゅっと締まる感じが好きだ。

明けて今朝からコンピュータの症状悪化。
OSを再インストールするための諸々の
ことでこんな時間になってしまった。

しかし、不具合でも起こらないと
使わないアタマのモードもあるから、
それはそれで良いんだろうと思う。

3月 5, 2006 at 03:13 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋まで行ってしまう私:

コメント

茂木先生 お帰りなさいませ。

くふふふ
もし 茂木先生が名古屋に着いていたら
そこから引き返しますか?

う~~~む
みやきしめん
手羽先

食べたいです!

ここ数日 BBSの過去ログ拝見させて
いただいてました。
活発なBBSだったんですね。

今日は 2002年の分を拝見させていただきますね。

クオリア庵・・・HN気にいりました。

投稿: いちご | 2006/03/06 0:15:00

すずかけ台・・・など、田園都市線の駅名は
おしゃれな感じなものが多いですよね・・・

私の通っている星槎大学は、規模は大きくないかもしれませんが
学生もスタッフも、熱い思いに燃えている人が多いと思います。

(思い切って、宣伝してもいいですか?)

横浜のスクーリング会場は、以前は十日市場でしたが
最近は、青葉台駅まで行っています。

近くに桜台公園という公園があるらしく
春のお花見の時期が、今から楽しみです。

これから就職、入学、進級の季節ですね!

一人暮らしをされる若い方もいらっしゃるかもしれません。
うきうきとワクワクと、ちょっぴりドキドキの季節も、いいものですね!!

投稿: TOMOはは | 2006/03/05 21:14:16

え!PCの症状が悪化されていた…。
てっきりゆっくりされていたかと思っていましたが…。
これまた、すみません…m(_)m

投稿: 銀鏡反応 | 2006/03/05 15:59:45

コメントを書く